老犬になったミニチュアピンシャーの寿命を延ばす方法とは?




ミニチュアピンシャーは遊び好きで活気があり、一緒に走ったり、遊びたい人にぴったりの犬でもあります。平均寿命は13年となります。小型犬で、黒い短毛なところも特徴的です。俊敏な動きがとても可愛らしく、清潔好きな子で飼い易い犬です。そんな犬に与えたいドッグフードや寿命を延ばせる方法についてご紹介します。

8歳から10歳で老犬になる

このミニチュアピンシャーは、オスの体重は平均して4~6kg、メスは3.5~5.5kgとなりますから、これらの体重をキープできるようにしたいところです。また、この犬は8歳~10歳前後には高齢犬となりますから、ドッグフードを安心して与えられるものに切り替えることを考えたいところです。
この犬の散歩にかける時間は30分ほどがベストです。アレルギーによる皮膚炎や脱毛症などにかかりやすいので、清潔にすることがポイントです。毎日の軽いブラッシングをすれば被毛を綺麗にできます。臭いが出るようなときには温かいお湯で濡らしたタオルで体を優しく拭いてあげましょう。
ミニチュアピンシャーは糖尿病、椎間板ヘルニアなどの病気になりやすい特徴があります。糖尿病は高カロリーな餌の与えすぎが原因でありますし、椎間板ヘルニアも体重増加によって起こりやすいものです。これらの病気を予防するには、やはり低カロリーのドッグフードを選びましょう。

カナガンのドッグフードがお勧め

体の小さな犬なだけにその影響を受けやすい性質でもありますから、添加物の少ないドッグフードを選ぶのことが大切です。また、グレインフリーでヒューマングレードなアレルギーを防げることができる無添加のドッグフードを選ぶことが大切です。関節の怪我を防ぐためには、コンドロイチンとグルコミンを含むドッグフードがお勧めです。
それらをクリアしているのがカナガンのドッグフードです
。動物性タンパク質も多く含まれますから、健康的な体力作りも考えています。チキンの香りが犬の食欲をそそりますから、食い付きの悪い老犬にも最適です。
低GIのサツマイモとハーブ、海藻の犬に最適な栄養素をバランスよく配合しております。このドッグフードを毎日与えるだけで免疫力を向上させますし、尿路結石を予防効果を期待できます。原料は天然由来となり、体内からサポートを促します。
人工添加物は含まれていないですし、更にトウモロコシと小麦という穀物でかさ増ししていない品質の良い肉のみを中心に開発しているからこそ消化器官に負担をかけにくいのです。


肉は全て新鮮なドッグフードを選ぶ

犬の寿命を延ばすには栄養が楽に体に吸収することが大事であり、その1日に犬が必要とする栄養が入っているものを選ぶことが大切です。また、家畜の糞尿が入っているようなパール、ミール、エキスを含まないもの、胃腸にも刺激を与えない4Dミートを含まないドッグフードを選ぶのがポイントです。
また、酸化防止剤や防腐剤などの人工添加物は発がん性物質も含まないものを選ぶことが犬の寿命を長くできるポイントです。そんな問題をクリアしているのが、カナガンなのです。このカナガンに使われている肉は全て新鮮で、人間も食べれるほど高品質です
毎日与えるものですから、ちょっぴり高くても安心は得たいものです。いつもの犬用のお皿に入れるだけで安心して与えることができるのは飼い主にとってもストレスとならず、楽しいミニチュアピンシャーとの生活を楽しめるのです。

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』

与えてはいけない食材を与えてはいけない

ミニチュアピンシャーの餌は、体重1kgで25g~60gを目安に与えましょう。ほど与えることがポイントです。1日に与える1回与えることがポイントです。老犬になったら1日に少量づつ3回に分けて与えましょう。その日のコンディションを見ながら量を調節することも寿命を延ばす秘訣です。新鮮な水も与えることが大切です。
そんなミニチュアピンシャーに与えていけないのは、玉ねぎやニンニク、鶏の骨などです。また、人の味付けをした料理を与えるのもよくありません。また、餌を切り替えるときにはいきなり全部取り替えるのではなく、少しずつ混ぜて食べさせるのもポイントです。いきなり換えると下痢になることがあるので注意しましょう。


日光浴をさせてうんちをチェック

コンディションがよくないときには、うんちをチェックしましょう。緩すぎず、軟らか過ぎない程度がいいコンディションとなります。毎日のうんちをチェックすることでその与える餌の量を減らしたり、無添加なものを選ぶようにするのもポイントです。無添加のドッグフードならば消化も良く、便臭も軽くすることができます。
1日に家の中で遊ばせては運動をさせることも大切です。高齢になりますと若い頃よりも外で走ったり、長距離を散歩させるのではなく、軽い散歩でも十分です。また、天気のいい日には公園などで日光浴をさせることも大切です。
歩くことを嫌がるときには、犬用のベビーカーに乗せて散歩するのもいいでしょう。外の新鮮な空気を吸わせるのも寿命を延ばす秘訣です。

まとめ

ミニチュアピンシャーは体重によって与える量を考え、人工添加物の入っていないドッグフードを与えることで更に安心して毎日与えることができるのです。栄養が体に吸収しやすいもの、4Dミートを含まないものを選ぶことも大切です。毎日与えるものだからこそ品質が良く、誰もが与えて良かったというものを選ぶことが大事なのです。

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!

老犬(シニア犬)のドッグフード選びで悩んだら「老犬(シニア犬)におすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック