「おすすめ」老犬(シニア犬)のドッグフードを変えるなら「モグワンドッグフード」




ドッグフードを変えるならモグワンドッグフードは老犬(シニア犬)に超おすすめ

ドッグフードを老犬が食べてくれない」という悩みを抱える方は多いです。とくにドライ系のフードを食わず嫌いするワンちゃんはけっこういます。

特に老犬になると途端に食事の量が減り、ドッグフードへの興味がなくなってしまうということも多いのではないでしょうか。

そして飼い主としては悲しいことに、(本来ならば健康に良いはずの)無添加ドッグフードの方が、食いつきが悪くなるといった傾向があります。

この記事ではそのような従来のドッグフードの問題点と、フード嫌いの愛犬でも必ず食いついてくれると太鼓判を押せる「モグワンドッグフード」の利点をご紹介いたします。

モグワンドッグフード

従来のドッグフードは「健康」か「嗜好性」かの2つの選択肢しかなかった

これまで愛犬に食べさせるドッグフードは、健康か嗜好性かのどちらかを犠牲にしなければ製品としてなかなか成り立たないものでした。

すなわち「無添加で健康的だが、食いつきが悪いドッグフード」か、「食いつきは良いが、添加物が多くてあまり健康に良くないドッグフード」かのどちらかです。

香料や人工調味料を使ったドッグフードは、味と匂いが最適な形で整えられているため、たしかに愛犬は良く食べてくれます。

しかしそのような製品は、得てして粗悪な原材料を用いており、香料や添加物で無理矢理に味と匂いとをごまかしている背景があります。

一方で、それなら「無添加のドッグフードなら問題なし!」かと言いますと、必ずしもそうとは限りません。

無添加ドッグフードはたしかに安全性が高いのですが、反面、匂いがあまりしないのです。犬の嗜好性(食いつきの良さ)は匂いに強く左右されますから、高い無添加ドッグフードを与えても食べてくれないケースが多いのです。

無添加かつ嗜好性の高さを追求した老犬にピッタリなモグワンドッグフード

今回ご紹介する「モグワンドッグフード」は、そうしたドッグフードの問題点を解決するためにイギリスで開発された製品です。

プレミアムドッグフード『モグワン』
のポイントは2つあります。

  1. 着色料・香料・人工調味料など一切不使用
  2. それでいて匂いが強く、犬の食いつきが非常に良い

まとめると「無添加なのに食いつきが良い」のがモグワンドッグフードの最大の魅力です

そう、モグワンドッグフードは食いつきの悪くなった「高齢犬」にうってつけのドッグフードというわけです。

モグワンの販売メーカーが実際に試食会を実施しまして、いろんな犬種のワンちゃんに食べてもらったところ、なんと「97.8%が食べた」という結果が出ています。

他社からも無添加ドッグフードは多数出ているものの、食いつきの良さではモグワンが突出しています。

実際の購入者レビューを見てみますと「袋を開けただけで(匂いにつられて)愛犬が尻尾を振ってやってきた」「はじめてなのにまったく警戒せずに食べてくれた」といったコメントがたくさん寄せられています。

どうして香料不使用なのにモグワンは匂いが強いのか

ここまで、モグワンは犬の嗜好性が非常に高いドッグフードであるという話をしてきました。

しかし「どうして香料を使っていないのに匂いが強いの?」と疑問に感じられる方は多いと思います。

香料不使用にもかかわらず、愛犬が飛びつくほどの良い匂いがする。その理由を端的に言ってしまえば「原材料が良いから」に他なりません。

モグワンにはさまざまな食材が使われていますが、その贅沢さを列挙すると驚かれるかも知れません。

まずモグワンドッグフードの主原料は「チキン生肉」「生サーモン」の2つです。この2つが(犬の嗜好性を高める)良い匂いの正体です。

もちろん、ただのチキンやサーモンとは違います。

「イギリス産の平飼いチキン」に「スコットランド産のサーモン」という、人間でも食べたいくらいの高級原料が使われています。

モグワンは製品開発の際に、ヒューマングレードを強く意識しています。ヒューマングレードとはすなわち、人間の食材と同等レベルの安全性を実現するということです。

香料に頼っていないのに愛犬の食いつきが良い理由は単純明快で、モグワンはとにかく原材料に上質なものだけを厳選して使っているのです。

(参考)モグワンドッグフードと一般的な市販製品との比較

製品名 主原料 タンパク質 グレインフリー 人工添加物
モグワンドッグフード チキン生肉・生サーモン 50%以上 ○ 穀物不使用 不使用(無着色・無香料)
アニマルプラネット(小型高齢犬用) チキン正肉・チキンミール 25.5%以上 △ トウモロコシと小麦は不使用(ただし大麦・玄米・白米・エンドウ粉を使用)
愛犬元気(全成長段階用) 穀類・チキンミール・チキンエキス・ビーフパウダー・ササミパウダー等 23.0%以上 × トウモロコシ・小麦粉・パン粉等を使用 赤色102号・赤色106号等の着色料や酸化防止剤を使用
プロマネージ(室内犬用) 米・さとうもろこし・ターキー・チキンエキス・鶏脂・シュガービートパルプ等 20.5%以上 × 米やさとうもろこし(甘味料)を使用 酸化防止剤にBHAやBHT等を使用

表を見ればお分かりのとおり、モグワンドッグフードは動物性タンパク質が50%と非常に高タンパクであり、肉食動物である犬の食生活に最も適した原材料配合となっています。

また、着色料や甘味料、香料等の添加物は一切使っておらず、犬の消化に優しい「グレインフリー」を満たした数少ないドッグフードであることもポイントです。

モグワンドッグフードとカナガンドッグフードは何が違うの?

さて、当サイトでは無添加ドッグフードとして、モグワンの他に「カナガンドッグフード」もおすすめをしています

モグワンとカナガン、名前が似ているけれどもどっちが良いのだろうとお悩みの方がいらっしゃるかもしれません。

じつはモグワンドッグフードもカナガンドッグフードも、製造メーカーは同じです。(イギリスのペットフード専門会社です)

ラインナップとしてはモグワンの方が後発で、新商品です。モグワンドッグフードは、カナガンドッグフードをベースとして作られています。

「香料や添加物不使用で、かつ愛犬の食いつきが良い良質なドッグフード」という点は、モグワンもカナガンもまったく同じであり、甲乙はつけられません。

価格も両者とも定価3,960円であり、(若干容量に差はあるものの)ほぼ違いはないです。

では何が違うのかと言いますと、主原料の傾向です。

カナガンの方は、チキン生肉・乾燥チキン・サツマイモ・海藻・マリーゴールド・クランベリー・カモミール等が主原料となっています。

対してモグワンの方は、チキン生肉・生サーモン・カボチャ・ココナッツオイル・トマト・アスパラガス・ジンジャー・クランベリー・海藻等が主原料となります。

両者ともに「動物性タンパク質50%」かつ「穀物不使用のグレインフリー」と高齢犬の消化にも優しい原材料配合をしており、免疫力アップや美容に役立つ健康成分を豊富に含んでいます。

唯一の違いを挙げるとするならば、サーモンが原材料に使われているかどうかが大きなポイントです。

サーモンには良質なDHA・EPA・アスタキサンチンが含まれ、これらは高齢者の心臓病や動脈硬化を予防してくれる健康成分でもあります。

「若返り成分」とやや大げさに呼称されることもあるくらいで、ご高齢の方にはDHA・EPAサプリメントが非常に人気を集めています。

EPAは血液をさらさらにし中性脂肪も減少させ、またDHAは認知症予防にも効果が見られたとする研究データも出ています。

ですからモグワンドッグフードは、どちらかといえば高齢犬を飼っている方には嬉しい製品だと思います。
もちろん、お財布に余裕があればモグワンドッグフードとカナガンドッグフードの両方とも購入されることをおすすめします。(交互に食べさせた方が飽きもこないため)

しかしもしどちらも今回が初めてだよという方は、最新商品であるモグワンドッグフードの方からお試しになるのが良いかと思います。

モグワンドッグフードの購入方法(今なら最大20%OFF!)

モグワンドッグフードですが、イギリスの生産工場からの直輸入品となりますため、一般のペットショップでは市販されていません。

ですからモグワンドッグフードの公式通販サイト
から購入する形となります。

定価は1袋1.8kgで3960円ですが、今なら最大20%OFFで購入することができます。

通常コースで購入する場合は、2個以上で送料無料となります。購入金額が大きいほど割引率も大きくなるので、リピートを見越すのであればまとめ買いをした方がお得に買えます。

ちなみに試食会では93.3%の人が「継続したい」と回答しました。

すでにカナガンドッグフードの方を与えたことのある方でしたが、(カナガンをベースとした)モグワンドッグフードも方も、食いつき具合は問題ないかと思います。

「無添加ドッグフードをせっかく買ったのに愛犬が食べてくれなかった」という失敗経験のある人には、自信を持ってモグワンドッグフードをおすすめします。

原料が新鮮だから当然といえば当然なのですが、本当にこれまでのドッグフードとは食いつきの次元が違います。

栄養成分についてなど、詳しい情報は公式サイトの方にも記載されています。ご興味のある方はぜひチェックされてみてください。

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!