いつからが老犬?心身の衰え(老化)は様々な部分で現れる!




老犬になると様々な症状が現れる

いつから老犬と判断できるの?という疑問を持っている人もいるかと思いますが、一般的に7歳程度で老犬(シニア犬)の仲間入りと言われていますが、一体どのように体は変化していくのでしょうか?
人間の1年間と老化のスピードが違う犬の1年間は、老化のスピードも人間のそれとは比べ物にならないほどにハイスピードで進行していきます。

老犬

例えば骨や関節では、変形性の病気や靭帯を痛めることが多くなっていきます。年齢を重ねるごとに潤滑構造が低下していき、関節の弾力が失われることで骨と骨がぶつかり合い、激しく痛み動けなくなっていきます。そのまま症状を放置していくと「変形性骨関節症」になってしまい、骨自体が出っ張ることでさらに動けなくなっていきます。
痛めた足をかばいながら歩くことで反対側の足も痛めてしまい歩行不能に陥る可能性も非常に高いので高齢犬になってからもある程度散歩などで歩かせる習慣をつけ、筋肉の衰えのスピードを遅らせるなどの対策が必要です。
筋肉が衰えていくと関節を支えられなくなるので関節にかかる負担がかなり大きくなってしまいます。
普段のお散歩コースも、平坦な道を同じ速度で歩かせるのではなく、公園などにあるちょっとした起伏を歩かせることにより筋力を鍛えることができます。ただし高齢犬になってからこのような起伏のある所を歩かせたりすると逆効果になってしまいますので注意が必要です。
もし加齢によって骨や関節を痛めてしまった場合は無理に歩かせようとすると逆の足を痛めてしまいますので注意が必要です。そのまま放置せず動物病院などを受診するようにしましょう。

もしも歩くことができなくなってしまったら

後ろ足が不自由になり歩行器具を使って散歩をしている犬をたまに街中で見かけたりしますが、器具を使うことでまだまだ元気に暮らしていけるので、一本でも足が動かなくなってあきらめてしまうというのは良くありません。犬自身の「歩きたい」という欲求がある限りあきらめず歩行器具などを利用して歩かせるようにしましょう。その方が身体にも、精神的にも良い影響が出るはずです。

老犬になると心臓や肝臓などの内臓も衰えてくる

筋力や関節の衰えは目に見えて確認できるので早めの対処ができますが、心臓や肝臓などの内臓系の衰えは目に見えないので、その変化になかなか気が付かないものです。
心臓が衰えてくると血液の循環機能が低下してきますので、少しの運動でもめまいや呼吸が苦しくなったりします。場合によっては腹水がたまりおなかがポンポンに膨れることもあります。
肝臓が衰えてくると薬の分解能力が落ちますので、病気になった時は薬の量を慎重に決めなければなりません。また、肝臓が衰えると「低たんぱく血症」になりやすいのでむくみが現れることもあります。
腎臓が衰えてくると「腎不全」に陥ることがあります。その症状としては多飲多尿が起こります。腎臓の衰えは進行が遅いため、飼い主さんがなかなか気が付かないという現実があります。
胃が衰えてくるとドッグフードやおやつを消化しにくくなります。ドッグフードを食べた後よく吐くようになったという高齢犬は胃が衰えている可能性があります。そのような場合には一回の食事の量を減らし回数を増やしてあげるようにしましょう。
小腸や大腸が衰えてくると、胃と同じように消化機能が低下し、下痢をしやすくなります。
消化の良いドッグフードに切り替えるなどが必要になってくるかもしれません。


内臓系の衰えは目には見えないので、定期的な検診で衰えを把握する

7歳か8歳ぐらいまでの初期の高齢犬であればそれほど数値が悪いということはありませんが、9歳か10歳を過ぎてくると立派な高齢犬ですから、定期的な検診で内臓系の数値を把握することが重要になってきます。定期的な検診をすることで、緩やかな内臓系の衰えも把握することができ、早めに治療が開始できるので健康寿命を長くすることができるのです。

やはり決め手は「良質なドッグフード」に切り替えること!サプリメントで栄養補助という選択肢もGOOD!

老犬になることにより明らかに身体の内外が変化してくるので、若い時と同じドッグフードを与えるのではなく、良質なドッグフードに切り替えることをおすすめします。
このサイトでは様々な「良質なドッグフード」を紹介しています。老犬(シニア犬)におすすめのドッグフード徹底比較の記事ではその種類ごとの特徴を比較していますし、老犬・シニア犬に食べさせたい4つのドッグフード&サプリでは初回限定でかなりお得なドッグフードや無料のサンプルサプリメントを紹介していますのでぜひそちらの記事も読んでみてください。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!