犬は暑さに弱いって本当?夏の過ごし方と熱中症対策




犬は寒さに強くて暑さに弱い

犬は寒さに強く暑さに弱いと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
結論から先に言うと「犬は暑さに弱い」です。

暑い

なぜ暑さに弱いのかというと「犬は汗をかかない」からなのです。
鳥や豚、牛などの動物も汗をかきませんが、同様に犬も汗をかく機能が備わっていません。
どのように体温調整をしているのかと言うと、口から舌を出し唾液の水分を蒸発させることで体内の熱を放出しているのです。
暑い日に犬が「ハァハァ」とヨダレを垂らしながら過ごしているのを一度は見たことがあるのではないかなと思いますが、それこそが体温調整していると言うことなのです。(パンチング呼吸と言われています)

夏場にエアコンを使用しない飼い主さんは要注意。人間と違い汗をかかない犬は熱中症になる危険性も高いのです。扇風機においても、人間ほどの効果は得られないのであまり意味がありません。
室外犬では日中必ず日陰になる場所を用意しておくことが重要ですし、室内犬であれば愛犬の過ごす部屋に温度計を設置(設置する高さは犬と同じ高さ)して、エアコンなどを使用して室内温度が30度以上にならないようにしましょう。
また、体毛が伸びすぎていると体温の上昇につながりますので、夏場においてはこまめにトリミングを行い、愛犬が涼しく過ごせるようにしましょう。

冒頭で「寒さに強い」と表現しましたが、高齢犬や病気で弱っている犬などはエアコンや段ボールハウスなどで冷えすぎないように注意しましょう。

もし愛犬が熱中症になってしまったらどうすればいい?

しっかりと暑さ対策を行うことが重要ですが、万が一愛犬が熱中症になってしまった場合には、応急処置として冷水シャワーで体の熱をとり、至急動物病院に連れていくようにしましょう
室外犬は空気の流れがあるため熱中症になる危険性はさほど高くありませんが(日陰があり、水分をとれる環境であればという前提)室内犬は空気の流れを人間が作ってあげないと一気に熱中症になってしまう可能性がありますので注意しましょう。
人間の乳幼児などと同じ様に考え、車中にお留守番をさせるなど放置はしない様に心掛けましょう。

熱中症の症状としては、大量のヨダレと尋常ではないほど荒く息をしている、下痢や嘔吐、痙攣などがあげられます。呼吸や心拍が停止などしている状態までいってしまうと手の施しようがありませんので、夏場はしっかりとした暑さ対策が必要です。

性格的にあまり水分をとらない犬などには肉を茹でた後の煮汁や出汁の効いただし汁を飲ませることで夏場の脱水症状のリスクを軽減できますので試してみるのもいいかもしれません。

犬の健康管理に専用の体温計を用意しておくとGOOD!

熱中症や犬ジステンバー、レプトスピラ症などの発熱を伴う病気などがありますが、犬の体調がすぐれない時などは体温計で体温を測る癖をつけておくと愛犬の体調をしっかり管理できます。
犬の平熱は人間の平均体温より2℃か3℃高いので、多少高めでも慌てなくても大丈夫です。ただし、人間と同じようにわきの下で体温を測るということができませんので、肛門に2センチほど差し込み測りましょう。

よくあることなのですが、動物病院など慣れていない場所に連れて行かれると犬は恐怖を感じ体温が上昇します。体温を測るときは動物病院に連れていく前のリラックスした状態の時に測るようにしましょう。

毎日でなくてもいいので、定期的に体温を測り、愛犬の平熱が何℃なのかを把握しておくと良いかもしれません。

体温が下がることもある?その際の対処法

病気や熱中症で体温が上がった際の注意点をいくつかご紹介してきましたが、逆に愛犬の体温が下がるということもあるのでしょうか?
結論から言うと体温が下がることもありえます。
それは体調がかなり悪化しているサイン。死に直面している状態であることを表しています
特にこうれいいぬや病気で弱っている犬などの体温が下がっている状態の際は緊急事態なので、至急体温を上げる対処が必要となります。
応急処置としては、役40℃のお湯を入れたペットボトルを靴下やタオルで巻き、体温が低下している犬の周りに置いてください。ただし、あまりくっつけすぎると低温火傷の危険性があるので要注意です。

しっかりと一定以上の体温になるように心掛け、早めに動物病院などを受診しましょう。

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!