老犬(シニア犬)にサプリメントで栄養補助するという選択肢。




老犬(シニア犬)にもサプリメントという選択肢

人間も年を取ればとるほど、自分の体のためにいいものを食べたり、持病などの症状の緩和や
予防としてサプリメントを摂ったりすることがありますね。
高齢になった犬にサプリメント、と聞くと「そんな、犬なんだしそこまでする?」なんて思う人もいるでしょう。
しかし犬も高齢になるとドッグフードをシニア用にシフトしていく必要があるのと同時に
加齢と共に衰えていく内臓機能や、疾患などへのリスクが高まることを「予防」できるのであれば
飼い主としてはできることはしてあげたいと思いますよね。

シニア用のドッグフードは消化しやすく、低脂肪で低カロリーのものになっています。
代謝が落ちたり運動量が落ちていくことを考えてのものであはありますが、食べる量が減っていけば自然と食も細くなります。
そのように食の細い状態であると、栄養が時には不足してしまう場合もあります。
また加齢からの消化不良などにより、従来の食事で充分な栄養を補給できないこともあります。
そんな時でも、栄養がきちんと摂れるようにサプリメントで補うことは大切です。

どんな効能のあるサプリメントがあるの?

犬へ与えるサプリメントには、栄養面だけでなく、様々なトラブルに対応するサプリメントがあります。

・健康維持のため・・・たんぱく質、ビタミン、EPA、DHAなど

・関節、筋肉の衰えに対して・・・カルシウム、グルコサミン、コンドロイチンなど

・精神的、神経性のトラブルに対して・・・トリプシン、カゼインなど

・腎臓、肝臓の健康のために・・・メチオニン、Sアデノシルなど

・心臓、呼吸器科の改善に・・・Lカルニチン、コエンザイムQ10など

・ダイエットのために・・・カルチニン、アルギニンなど

・皮膚や毛のトラブルに対して・・・海藻エキス、ヨウ素、ビタミンE、セサミンなど

・白内障などに対して・・・ルティン、アントシアニンなど

・免疫力やガンに対して期待されるもの・・・ウコン、プロポリス、アガリスク、オメガ脂肪酸など

他にも泌尿器科のトラブル、アレルギー体質向け、消化器系の改善などと
数多くのサプリメントが開発されています。
犬用のサプリメントは、カプセル・タブレット・チュアブルタイプ(肉に似せている)・シロップなどがあります。
犬によっては成分から発されるにおいが好きでない、という犬もいますので、まずは与えやすいものから試してみましょう。

今のところ健康に思えるけれど、サプリメントは必要なの?

犬などの動物は、自然治癒力が高い生き物でもあります。
しかし人間と同じで免疫力がさがれば、やはり病気にもかかってしまいます。
免疫力に対して良いとされるサプリメントを摂ることで
愛犬の病に対して予防ができるのであればそれに越したことはありません。

元気だなと思っていても、人間同様、確実に衰えていきます。
大丈夫と思って若いころと変わらない食事や運動をさせていても
犬にとっては負担が大きい場合もあります。
動物は人間の言葉で伝えることができませんから、私たちが気を付けてあげなければなりません。
たとえば最近、階段上りたがらないな、座っていることが多いなと思っているならば
「関節が痛む」のかもしれません。
その場合にはカルシウムやグルコサミン、コンドロイチンは関節にとって良いものですから
それらが入ったサプリメントを選ぶなどしてあげましょう。
ちょっとした日ごろの「変化」を見逃さず、ケアをできるようにしておきましょう。



愛犬の腸内環境サポートサプリメントが登場!

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!