愛犬と一緒に寝ちゃいけないって本当?その理由とリスク




離れたくない?!愛犬と一緒に寝てはいけない理由とは?

愛くるしい愛犬と一緒に寝たいなと思う人も多いでしょう。いつもベッドの中に一緒に入り、可愛い犬の寝顔を見ては寝ている人も多いかと思います。

ところが、この愛犬と一緒に寝ちゃいけないという噂があるのです。

では、その噂の真相をチェックしてみましょう。

自立できなくなる

愛犬と毎日寝てしまうことで、犬は一緒に寝れるという安心感を得ます。安心するのはいいですが、自立するのが遅れる恐れがあるのです。

犬は、自分で眠くなれば一人で寝れますね。でも、いつも飼い主と一緒では、飼い主がいなければ寝れなくなってしまうのです。

いないとウロウロして探してしまう、吠えてしまうなどの問題も出てきます。

静かに寝ていることができない、犬にとってもストレスとなってしまうわけです。

ダラダラと遊んだ後に一緒に寝てしまえば、生活にメリハリの無い生活を送ることにもなりますね。

こういった生活では、犬もよりダラダラした性格の子に成長してしまい、ますます大人としてのしっかりした生活に移ることが出来ない子になってしまうのです。

犬にストレスを与えてしまう

犬が寂しそうにしているからと、一緒に寝てしまうのはダメなのです。

犬は喋ることが出来ないのですから、自分の気持ちをハッキリと伝えることは出来ません。本当は静かにいつも座っている、人から離れた静かな場所で寝たいと思っていても、伝えられません。

だから、寂しそうにしているからとベッドに寝かせ、一緒に寝ればいいかといえば、そうでもないこともあるのです。

疲れが酷い時には、特に人と一緒にベッドの中に入っては寝たいとは思っていないこともあります。

なのに、そんな犬を抱っこしてベッドで一緒に寝れば、逆にストレスを与えてしまうのです。

また、気温の高い夏の日に人と一緒に寝れば、寝ている間に人の体温でベッドの上は暑くなります。クーラーもかかっていない、扇風機も回っていないというのに、そんな状態で寝ていたら、犬は熱中症になってしまうのです。

抱っこして寝ていたら犬は暑いのに逃げられず、ますます暑くなってしまう。これは、毛の生えた犬にとってはストレスでもあり、命にも関わる危険な行為なのです。

人獣共通感染症にかかりやすい

人獣共通感染症にかかりやすくなるのが怖いところです。これは、人と動物との距離が縮まれば縮まるほど感染しやすくなるのです。

日本では、この感染症が60から80種類はあると言います。中でもパスツレラ症にかかる人が多いのです。かかれば皮膚の化膿を起こしたり、炎症を起こすこともあります。

犬の口の中に75%は保有している菌でもあり、寝ている間に犬に口をペロペロされてしまって感染したということが多いのです。ペロペロしなくても、爪にもいますから、寝ている間に腕や手を引っかかれては、その手を舐めてしまえば感染します。

感染すれば、気管支炎や肺炎という恐ろしい病気にかかりやすくなります。傷があれば傷口化膿を起こすこともあります。

主従関係が壊れる

主従関係とは、人が上、犬が下になるように生活をすることです。

犬と一緒に生活をする上で、指示を出すことはとても重要です。犬はその指示により感情を抑えて静かに行動が出来ますし、悪いことはしていけないなどを覚えるわけです。

その指示を出す人が一緒にベッドの上に寝て、対等のレベルと判断してしまえば、犬は指示に従わなくなる恐れがあるのです。

飼い主を主と覚えた犬は、その主の命令を覚えます。より覚えさせるには、その犬がきちんと指示に従ったら褒めること。

褒めてくれるまで頑張ろうと思うようになれば、やれるまで頑張る子にもなります。

家の中に主がいないと、犬は自分が主だと勘違いしてしまい、いざ指示を出そうとしても言うことを聞いてくれなくなるわけです。

それだけではなく、頼れる主がいないと、犬は情緒不安定になることもあります。自分がリーダーにならなければならないというプレッシャーがストレスとなり、落ち着きの無い犬になってしまうのです。

まとめ

犬と一緒に寝るというのは、色々なリスクがあるのです。人間にとっても、犬にとっても快適な生活を送る為には、寝る時は別にした方がいいのです。

ただ、絶対に一緒に寝てはいけないというのでは、ちょっとがっかりですね。
そんな時には、犬をきちんとしつけましょう。
人間が主だと犬にきちんと教えて、犬が従う主従関係が出来てから一緒に寝れば、トラブルのない生活が出来るのです。

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!

当サイトおすすめ記事
「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック