おすすめのドッグフードでミニチュアダックスの寿命も延ばせる




犬のドッグフード選びによってミニチュアダックスの寿命も左右することがあります。ドッグフードの原料により、その犬種に合う、合わないものがあります。体の小さなミニチュアダックスには消化がいいラム肉や鶏肉を原料とするものを選ぶことがお勧めです。消化がよければ消化器に負担をかけず、ストレスも与えません。それが、ミニチュアダックスの寿命を延ばすことができるポイントになるのです。消化が良ければ腸内環境も整い、お通じもスムーズになり、体に負担をかけません。そんな愛犬の寿命を延ばすために考えたいことをご紹介しましょう。

ドッグフード

消化に悪いドッグフードは犬に負担をかける

ドッグフードも、近頃は栄養が豊富で、食べやすく開発されているから、犬もしっかりと栄養を摂ることができて寿命も延びています。年々、その平気寿命は長くなり、15歳以上も生きるミニチュアダックスも増えています。それには、適度な運動をさせて消化器の動きを活発にします。それが肥満を防ぐことにもつながり、病気も防ぐことになるのです。高齢になると動きが鈍くなるので、さほどカロリーも消費しなくなります。そんなときにはメタボになりにくい低カロリーのドックフードに切り替えることが大切です。

ミニチュアダックスは7歳にもなると老犬となります。免疫力や消化器も低下する頃でもあり、今までと同じ原料や硬いドックフードを与えることで消化器にも負担をかけてしまいます。動きも鈍くなり、活発的に動くことも減る高齢のミニチュアダックスは、消化器の動きも鈍くなるために消化が遅くなります。ますます硬く、消化に悪い牛肉や豚肉、トウモロコシや米などの原料のドッグフードを与えていればストレスを感じ、寿命も縮めてしまうことに繋がります。

ミニチュアダックスは胃袋が強いために、さっき食べてもまた食べたいという行動を見せるので、ついつい食べさせては肥満になってしまいます。肥満は胴長短足であるために頚椎椎間板ヘルニアになりやすく、背中に負担がかかります。それに、より運動量が落ちると、健康状態を悪化させることにもなり、寿命を縮めることにもなります。

体質や年齢を考えてドッグフードを選ぶ

そんなミニチュアダックスには、その体質や年齢を考えて開発されているドッグフードを選べば、より寿命を延ばすことができるのです。まずはヘルニアにならないように、骨格や筋肉を形成できる栄養素を含むドッグフードを選ぶことがポイントです。この骨格を形成するために有効的な栄養素がビタミンD、筋肉を形成するにはビタミンEが効果的です。

そして、飼い主がしっかりとカロリー計算してドッグフードを与えることで、愛犬の肥満を防げます。肥満を防ぐためのドッグフードに良質なタンパク質を含み、トウモロコシや米などの糖分を控えた原料を使っているものを選ぶことがポイントです。シニアになったら顎の力も低下しますから、硬いものを噛むことが難しくなります。それが硬いドッグフードを嫌がる原因ともなり、食欲減退につながります。食欲がわかなければしっかりと栄養を摂ることもできず、ますます老化は進みます。

抵抗力も低下するために、病気になりやすくなります。ですから、7歳以上のミニチュアダックスには、強く噛まなくても食べやすいシニア向けのドッグフードを与えるようにすることも大切です。また、ミニチュアダックスは小型犬ですから口も小さく、消化器も小さい特徴があります。大きい粒タイプのドッグフードは噛みにくく、食べているうちに飽きて食べなくなることがあります。ですから、粒が小さめのドッグフードを選びましょう。それでも噛みにくそうであれば、水でふやかしてから食べさせましょう。

馬肉パラパラミンチがお勧め

お勧めなのが、生肉タイプの馬肉パラパラミンチというドッグフードです。馬刺し専門店が作ったもので、加工されていないから肉の柔らかな食感と肉の旨味を楽しみながら美味しく食べることができます。高たんぱくと低カロリーで、消化にいいから消化器が弱い高齢犬に負担なく与えることができるのです。毛並みも保ち、犬本来の食事だからドッグフードを嫌がるミニチュアダックスも食いつきがよくなります。人も食べれるほど安心な馬肉で、犬の健康管理も無理なくできます。

この馬肉には牛よりもたんぱく質が2倍も含まれているのにカロリーが牛肉の半分、脂肪分は1/5と少ないので、太りやすいミニチュアダックスに最適なのです。鉄分は牛の3倍以上、カルシウムも3倍以上、ビタミンB12は6倍も含まれています。グリコーゲンは食肉の2倍以上、犬の健康維持に必要な必須脂肪酸も豊富です。消化もよく、少量でも栄養価も満点のパラパラミンチだから、高齢犬にも最適なドッグフードなのです。1キロあたり8,000円で売っている高品質の馬刺しの切れ端を使っているので、安心して愛犬に食べさせることができます。生肉だからこそ栄養を壊さず、消化を促す酵素の効果もしっかりと届けることができます。

愛犬が美味しそうに食べる馬肉パラパラミンチ

快適な環境を整えて管理をする

安いドッグフードは粗末なものが多く、栄養のバランスが悪いので、それを辞めて、バランスを考えたものを選ぶことも大切です。それいは添加物不使用は必要不可欠です。急にシニアになってから与えるよりも、若いうちから与えることで、より体のコンディションを整え、健康的な体質づくりができます。

静かな環境を心がけ、夏は涼しく、冬は暖かい環境を考えることも大切です。犬も人間と同じようにストレスを感じる繊細な生き物です。食べ物だけではなく、深く、良質な睡眠がとれて、風邪をひきにくい環境で育てましょう。食いつきがいい犬が美味しいと感じるドックフードを与え、新鮮な水が飲めるようにしましょう。また、飼い主との適度なスキンシップも必要です。そのスキンシップがストレスを解消し、寿命を延ばすことにつながります。また、清潔にし、歯磨きもする、そして、年に2回から4回の定期健診を受けることも大切です。

ドッグフード選びに悩んだら「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!