ペット保険でもしもの時に備える。動物医療は高額になることが多い




ペット保険のすすめ

ペット保険について、ペットショップや動物病院で一度は見聞きしていると思います。
しかし、自分の愛犬に保険が必要なのか迷っている方や、保険会社のどこを比べていいのか分からない方は少なくありません。
まずは、ペット保険の基礎知識と、見比べるポイントを知って、ワンちゃんとあなたに合う保険選びの参考にしてみてください。


ペット保険の基本

ペットには健康保険証がないので、動物病院で支払う医療費は、基本的に全額負担になってしまいます
しかし、ペット用の医療保険に入っていれば、手術や高額な薬での治療費も半額以上返ってくるかもしれません。
ペット保険の運営会社は、人間の保険会社やペットショップ系列、大手スーパー、携帯会社など様々です。
どの会社も、医療費の50%を保障するプランが多いですが、7複数プランがある会社では70~100%保証の種類を選ぶこともできます。
保険金の受け取り方には2パターンあり、後から変更はできないので、受け取りたい方法の会社やプランを選ばなければいけません。
大きく分けて、通院や入院、手術ごとに保証回数や、一回の支払い上限金額が決まっているパターンと、1年間の保証限度額までならどのような治療を何回しても支払ってもらえるパターンがあります。
そして、ペット保険に入る時の年齢が若い方が、後々の保険料が安い場合が多いので、保険会社が決まったら早めに加入することをおすすめします

ここが便利

急なケガや病気で手術をすることになっても、かかったお金の一部を後から保険会社に請求できるので、医療費の心配が軽くなり治療に専念することができます。
慢性的な病気で定期的に通院する場合も補助が受けられ、金銭面の制限がなくなり治療の選択肢が広がります。
保険会社によっては、動物病院の支払い窓口の時点で保険が適応され、保障後の金額の明細書が出るので手持ちが少なくても大丈夫です。
さらに、ガンなどの特定の病気が見つかった時に、お見舞い金がもらえるプランもあります。

・加入する前に知っておくこと
ペット保険は基本的に掛け捨てタイプとなり、生涯で一度も保険を利用しなかったとしても、お金が返ってくることはありません。
そして、先天性疾患など、病気の種類によっては保険が適応されないものもあります。
去勢や避妊手術などの、病気ではない手術、出産や、ワクチンの接種なども適応外です。
シニアは、継続利用はできますが新しく入れないことがあり、8歳前後から新規加入ができない会社が多くなります。
保険会社によっては、犬種ごとに保険料が細かく変わるので、サイトや資料請求での確認が必要です。

比較したいポイント

保証率を手厚くするほど、毎月の保険料も上がっていくので、求めたい保証のレベルと支払う金額のバランスを考えなければいけません。
ケガ、手術、入院など特定の治療内容で、見舞金を支払ってもらえる会社には、請求できる回数や金額が制限されている場合があります。
そして、一年間に保証される総額の上限は、約50万円~100万円とプランごとに大きく変わります。
中には、ペット賠償責任という、飼い犬がケガをさせたり物を壊したりした時にかかる弁償代や慰謝料を一部負担してくれる会社もあります。
多頭飼い割引のある会社では、複数の飼い犬の申し込みで毎月の支払い額が減らせます。
無理のない保険料は毎月いくらまでなのか、最低でも保証してほしいラインはどこまでかを決めてから、保険会社を比較するようにしましょう。

通院パターンに合わせて選ぶ

愛犬の体質によって保険会社を選ぶ方法もおすすめです。
例えば、歯石の除去は程度によっては全身麻酔を使い、支払いが高額になる場合も多いですが、歯科治療が保険の対象になるかどうかは会社によって異なります。
歯肉炎になりやすい小型犬や、歯磨きが苦手な子は、歯科治療も保証してもらえる保険に入っておくと便利です。
また、小型犬に多い膝蓋骨脱臼(ひざのお皿がズレること)も、適応されるかどうかは会社によってまちまちです。
さらに、皮膚が弱いワンちゃんや、外耳炎になりやすい犬種は定期的な処置のために、通院回数が多くなる傾向があります。
この場合は保証回数の上限がない保険の方が、緊急時の手術やケガの時に、回数オーバーで保障されないということがなくなります。
犬の種類ごとにかかりやすい病気を調べて、どのぐらい動物病院にお世話になるか予想しておくと保険選びも迷わなくなります。

まとめ

一般家庭でも入れるペット保険ができてから、会社や種類はずいぶん増えてきましたが、やっと知られるようになってきたばかりの進化し続けている商品です。
そのため、ある程度プランの比較ができたら、直接ペット保険会社の公式サイト照覧や資料請求をして、必ず最新の保証内容を確認するようにしてください
愛犬の、突然のケガや病気に慌てないために、ペット保険に入った方が安心でお得なのかを一度考えてみましょう。