ミニチュアダックスのすべて「陽気で好奇心旺盛な賢い犬」




純粋で美しく、まん丸の目にペタンと垂れた耳が特徴的な犬がミニチュアダックスです。英語表記 Miniature Dachshundで、原産国はドイツです。サイズは小型犬でグループは4G。体高が胸囲30cm~35cm、体重が3.5kg~4.8㎏が特徴的。

ミニチュアダックス


ミニチュアダックスの歴史

ミニチュアダックスの歴史は、ドイツ中世時代に作り出されたとされています。この国では、サイズが3つに分けられています。この3つのサイズの真ん中のサイズで、大人になってもあまり大きくなりません。

狩猟の為に作り出された猟犬ですから、嗅覚がとても発達している特長があります。獲物を探索することが得意で、追い詰めるハウンドドッグでもあり、狩猟を趣味としていた貴族の間でも重宝されました。

アナグマやウサギもハントすることが得意で、俊敏に動いては威嚇することが出来ます。今でもその名残が見られることがあり、地面をクンクンと嗅ぎながら歩く姿が見られます。

日本では、ジャパンケルネルクラブから発行する血統書に、ミニチュアダックスのサイズのバラエティーを記載することになっています。生後15ヶ月を経過した時に測定し、その時点で胸囲が35cm以下で、30cmを超えるかをチェックします。合格すれば、血統書に記載されます。

ミニチュアダックスより大きなスタンダードダックスに変更するには、生後6ヶ月を過ぎており、計測をクリアしていれば変更が出来ます。これは、同じ犬種であると確認出来れば、柔軟に対応出来るようになっています。

日本で人気なのはミニチュアで、次にカニヘン、スタンダードダックスとなっています。これは、日本では、マンションやアパートなどの集合住宅が多いこともあり、10kg以下であれば室内飼いが可能という事情により、体重が大人であっても7kgから8kgにまでしか成長しないミニチュアが選ばれる理由なのです。スタンダードダックスでも、9kgほどの体重にしかなりません。

身軽であるミニチュアダックスは、その軽さを利用して、ドッグスポーツにも出場させ、犬種本来の運動能力を活かせる大会が多くあります。狩猟の本能と訓練性能を活かし、2013年には熊本県警察に採用されました。

ミニチュアダックスの特徴

身体的な特徴は、多くの犬の種類の中でも、飛びぬけて短足と胴長です。とっても個性的でユニークな見た目が人々を楽しませます。体長は体高の2倍もあり、垂れ耳は長く、飛び跳ねると耳までピョンピョンと上下に動くのも可愛い。

尻尾は細く、毛が長い。尻尾の毛は他の部分よりも伸びが早い特徴もあります。ボディの毛は比較的短めで、絡み難いので、ブラッシングがしやすい。お尻の穴まわりの毛は長くなります。

ミニチュアダックスの被毛の種類には3種類あり、短い毛をスムース、柔らかい毛をロング、硬毛で長い毛がワイアーになります。

毛色は単色なら美しいレッドやレディッシュ、明るいイエロー、クリームがあります。2色タイプではブラック&タンとブラウンにタン、ブラックにイエローなどがあります。

褐色にはダップル、ブリンドル、タイガーブリンドルがあるのが特徴です。

歯はギザギザで細め、舌をペロンと長く出します。そこがまた可愛く、愛くるしいところでもあるのです。

成長がストップするのは、生後15ヶ月頃となります。

ダックスの性格

ミニチュアダックスの性格はとても陽気で、興味を持つと、とことん追求するところがあります。とても活発的で、自分から探し出すことも好き。でも、興味が無い事にはまったく無関心なところがあり、興味を持たせようとしてもツンとソッポを向いてしまいます。

とても賢いミニチュアダックスは、覚えることも得意です。また、順応性も高いので、ここから入ってはダメと教えれば、きちんとそのように出来ます。

人を見ることも得意なこの犬は、人の顔色を窺い、近寄っていいか、悪いかの判断も出来るところが素晴らしい。人が寂しいと思っているのも感じ取る事ができ、静かに傍に寄って来ては「どうしたの?」という顔をして慰めてくれます。

子供の頃はとても甘えん坊で、かまってと寄って来ますが、大人に成長すると自立心が強くなりますから、お気に入りの場所を見つけては、そこでジッと座っている事も多くなります。

とても表情が豊かで、まるで人間の子供のよう。楽しいと目を輝かせ、クルクルとその場で回っては嬉しさを表現します。

でも、甘やかし過ぎると我侭になってしまうところがありますから、飼い主の切り替えが必要な犬でもあります。

運動

ミニチュアダックスの飼い方は、活発的である為に、動くことが大好きです。ですから、運動をさせてあげる事が必要です。でも、運動をする!となると嫌がる傾向があるので、遊んで運動させることがポイントです。

1人で遊ぶのは飽きてしまうところがありますから、飼い主も”一緒”が大切です。前向きな性格ですから、楽しく動ける運動をさせましょう。追いかけっこをするととても嬉しがりますし、ボールやぬいぐるみを遠くの方へと投げてあげると喜んで走ります。

戻ってきたら「ありがとう」や「良い子だね」と褒めてあげれば、ますます楽しく走ります。ぬいぐるみが好きなところもありますから、お気に入りのぬいぐるみを投げてあげると、ますます頑張って運動してくれます。

室内で飼っていると、室内で遊ぶことの方が楽しい子もいますから、無理に外で走らせたり、長時間遊ぶのは、逆にストレスになる事があるので、注意したいところです。

遊びたい!と犬が思っている時に遊ぶ事が、飽きずに運動させるポイントです。散歩をするのなら、犬に負担を掛けないように、20分前後にしておいた方がいいでしょう。午前中に1回、午後に1回と分ければ、40分程度の散歩になります。かなり活発的な子には、更に夜、20分の散歩をしてあげましょう。

正しい飼い方

警戒心が強いところがありますから、あまり人の出入りが多い場所で飼わない事が大事です。敏感で神経質ですから、音が大きな場所、頻繁に人が出入りする場所などを避け、静かな環境で飼う事も大切です。

何でも可愛い、可愛いと注意もせずに甘やかしては、いざ指示をしても従わなくなります。きちんとしつけをしたいのなら、叱る時には叱る、それ以上、甘やかしてはいけない時には無視をしましょう。

多頭飼育をしていると、外に出た時に気が強くなり、他の犬に飛び掛ったり、吠えたりします。そんな事にならないように、飼い主が日頃から”自分がリーダーなんだよ”と教える事が必要です。

餌を食べる前には「待て」吠えたら「静かに」人が来たら「ハウス」と指示を与え、自分の指示に従うようにしつけましょう。そうすれば、外に出て吠えても「静かに」と言えば静かに出来る子になります。

ダブルコートという被毛ですから、換毛期にはよく抜ける特徴があります。ロングへアーやワイヤーのミニチュアダックスの場合には、週に2回から3回以上はブラッシングをしましょう。スムースは定期的にブラッシングをする事がポイントです。

短めの毛のスムースは寒さに弱いところがありますから、散歩の時にはダウンを着せてあげたり、お風呂上りにはドライヤーで乾かしてあげる。そしてTシャツなどの服を着させてあげましょう。

ミニチュアダックスは、お腹部分が少し毛が薄い特徴もありますので、座る場所にクッションを置いてあげたり、寝る時には布団や毛布などを置いてあげると喜びます。

かかりやすい病気

気を付けたい病気は、ブルーやパイボールドなどの珍しい色である場合や、母親と父親の犬の毛色がダップルで、その子犬がダップルならば、疾患を持つことが多い特徴があります。

ダブルダップルやブルーは、特に、てんかん、進行性網膜萎縮などの疾患が起こり易いので注意しましょう。

胴長のミニチュアダックスは、椎間板ヘルニアにもなりやすいですから、お腹に脂肪が付かないように、高カロリーの食事にならないように気を付けたいところです

活発だからこそ膝を痛め易いので、歩くのを嫌がるようならば、早めに病院に連れて行く事も大切です。

脚が短いだけに、地面からの距離が近くなりますから、道路が熱くなる季節には熱中症になりやすくいので、日中を避け、涼しい時間帯に簡単に散歩させる工夫をしましょう。

当サイトおすすめ記事
「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック