ミニチュアダックスには栄養あるおすすめドッグフードを選びたい




愛犬のドッグフード選びでは、他にも考えたいところが、安全面です。ひとえにドッグフードと言っても、安いものには安く仕上げるために低コストを実現するために化学物質や合成保存料を使用している場わいがあります。

いくら健康な犬でも、毎日こういった体に負担のかかるものを与えていることで、老化を早める原因にもなり兼ねません。老化が早まるということは、腎臓機能の低下を引き起こし、病気になりやすい体質となってしまいます。

歯も衰えるのが早くなり、食事もよく噛めずにますます体力の低下をも引き起こす原因となってしまうのです。そんな高齢犬に最適なドッグフードの魅力についてご紹介しましょう。

総合栄養食タイプのドッグフードを選びたい

ドックフード選びというのは、犬が若いうちから入っている成分をしっかりとチェックし、安全なものを選ぶことが大切なのです。安全なものを選ぶには、その体に負担をかけてしまう化学物質や合成保存料が含まれていないものを選ぶことが大切です。

近年では、犬の健康を考えた国産のドッグフードや香料や着色料も一切使用していない完全に無添加タイプも増えています。犬には食べさせてもいい食材と駄目な食材がありますが、ドッグフードというものはそういった面も考えて作られているから安心して与えることができます。

与えるだけで、犬の骨を形成する上で必要なカルシウムから若い血管を作るビタミン類、鉄、亜鉛など、様々な栄養素をバランスよく与えることができるのです。ドッグフードに含まれる肉はチキンや牛肉の他に、たんぱく質やミネラル、食物繊維なども含まれていますから、胃腸のコンディションを整え、消化もいいから高齢犬も食べやすいんです。

毎日与えるものだから、栄養が偏らないかが心配なところですが、総合栄養食タイプのドッグフードを選ぶことで、犬が1日に必要な栄養素を気軽に摂ることができます。

良質なたんぱく質を含むオリジンのシニア用ドッグフード

そんなミニチュアダックスの高齢犬に最適なドッグフードがあります。オリジンのシニア用です。運動量が低下する高齢犬のために、1.5倍のたんぱく質を含みます。より安心して毎日与えることができるのです。

このたんぱく質は生肉由来の良質なものでありますから、より安心して毎日与えることができます。このミニチュアダックス専用のフードは、低脂質だからカロリーも低く、あまり運動できずに太ってしまうミニチュアダックスに最適です。小粒だから噛む力が弱い高齢犬も食べやすいのです。



世界50か国以上で愛されている!【オリジン】

高齢になるとますます食欲も減退し、食いつきも悪くなります。そんな犬には、アカナ レジオナルのランチランドというドッグフードがお勧めです。

赤肉をベースとしているため、犬の食欲をそそる効果が高く、食いつきを良くします。動物性原材料を使っているので、犬本来の食事ができます。グルコサミンとコンドロイチン硫酸を多く含むから、高齢になると関節に支障をきたしやすいミニチュアダックスも快適に生活ができるようにサポートします。

毛並みや艶も改善し、健康的な体を作るのに必要なオメガ6やオメガ3もバランスよく配合する高齢犬にぴったりなドッグフードです。

腸内環境を考えたドッグフードを食べさせたい

老化によって腸内環境が乱れやすくなりますが、その腸内環境をフラクトオリゴ糖やビートバルブによって乱れを改善し、便秘も改善できます。また、免疫力を維持できるビタミンC、E、トマトパウダーを配合することで動脈硬化も防ぐβ-カロテン・リコピンという栄養素も簡単に摂ることができるのも魅力的です。高齢犬にありがちな目の老化に効果的なルティンも配合し、目がハッキリと見える効果も期待できます。

プラス、歯石もつきやすいミニチュアダックスフンドの高齢犬の口の中の健康も考えて、ドッグフードを食べるだけで歯石が歯に蓄積しないように粒の形に工夫が施されているのです。老化は皮膚にも現れるものですが、その皮膚の老化を防ぎ、健康的にするパントテン酸やコリン、イノシトールなどの栄養も含みます。

主原料となるチキンにはセラミドを程よく形成するヒスチジンも配合し、たるみや乾燥のない健康的な若い皮膚を維持するサポートが期待できるのです。ヒスチジンはアミノ酸のひとつで、成長促進作用や関節炎の緩和作用、ダイエット効果などがあります。ヒスチジンはカツオに多く含まれる成分なのですが、犬は魚介類は好まないため、こうしてドッグフードのなかに配合してくれるのは嬉しい限りです。

体重増加を防げるドッグフードを選ぼう

ミニチュアダックスの高齢犬で気をつけたいのが、体重の増加です。体重の増加で、より脚の関節に負担をかけてしまい、そのままでは将来は歩けなくなる恐れもでてくるのです。ですから、若いうちから決められた量を、決められた時間に与える習慣を身に付けることが大切です。

与えすぎは消化が遅くなり、内臓に負担をかけますから、腹八分目を目安に与えることが大切です。高齢犬ならば、ドッグフードは朝と晩の2回がベストです。

そして、活動的なこの犬には炭水化物と動物タンパク、脂肪の3つの栄養素がバランスよく配合しているものを選ぶようにしましょう。消化器の働きが低下している高齢のミニチュアダックスは、食材によってはアレルギー性皮膚炎になることもありますから、やはりこの犬種専用のドックフードを選んで与えることで、安心して与えることができるのです。そして、適度な運動とたっぷりの水分を与えましょう。





食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!