ミニチュアダックスのトイレやお留守番などのしつけ方法について




飼い犬のしつけは早ければ早い方が良いとされています
しかし、子犬の可愛らしさについ甘くなってしまい、社会的ルールが覚えられていない犬は少なくありません。
愛犬が大きくなってからでも身に付きやすい、正しいしつけ方を解説します。

ミニチュアダックス

リーダー

あなたの愛犬はドアチャイムが鳴った時などにムダ吠えをすることはありませんか?
来客に威嚇することが多い犬は、自分のことをリーダーだと思っていて、あなたのことを守るべき対象として見ている可能性があります。
元々群れで生活する犬には、お互いに順位付けをしてリーダーにふさわしいメンバーを選ぶ習性があります。
つまり、飼い主がリーダーらしい振る舞いをしていないと、犬はチームの統制をとるメンバーがいない危機感から、自分がリーダーになろうとするのです。
その結果、飼い主の言うことを聞かない、自分本位な飼い犬になってしまいます。
飼い主のリーダーらしさに重要なのは、遊んでいい時と遊んではいけない時、叱る時と褒める時などのメリハリを付けることです。
また、その場その場で言うことが変わると、どれを信じていいのかわからなくなってしまうので、決めたルールを曲げないようにしましょう。
飼い主が頼れるリーダーだと判断されれば、犬は自然と従うようになってきます。
家族で飼っている場合は、誰もが愛犬の上に立てるよう、全員が同じしつけ方をできるよう打ち合わせが必要です。

効果的なほめ方

しつけや芸を覚えさせるには、偶然でもいいので予定通りの行動をしたタイミングで褒めることが重要です。
明るい声で話しかける、名前を呼ぶ、目線を合わせる、頭や体を優しく撫でるなどが、こちらの喜びが伝わりやすいほめ方です。
しかし、過剰に褒めすぎると喜びを通り越して興奮させてしまい、吠えたり粗相(いわゆる嬉ション)をしたりする問題行動に繋がることもあります。
穏やかに声をかけるだけでも、指示を出すときとのギャップで褒められていることが十分に伝わるので、猫なで声やオーバーなスキンシップで褒めるのは短時間にした方がベターです。
また、おやつをご褒美に与えるのは速効性がありますが、長く続けていると食べ物無しでは指示を聞かなくなってしまうので、徐々におやつ無しの褒め方に移行していきましょう。

やめさせたい行動に

人への甘噛みや家具をかじる、必要以上に吠えるなど、よくある問題行動も適切なしつけをしていればやめさせられます。
まず、犬は言葉の意味が分からず、飼い主の声のトーンや雰囲気で判断しているため、高い声や大きな声、名前を呼ぶ、悲鳴などの慌てているときに言いがちなことはすべて、楽しくてテンションが上がっていると受け取られてしまいます。
こちらが喜んでいると犬に誤解されないやめさせ方は、冷静にイタズラを手で制止しながら、低い声で一言だけ思い切り叱ることです。
叱るときのかけ声は「ダメ」や「コラ」などの、言いやすい言葉から一つに絞ると犬が言葉の音を覚えやすくなります。
言い聞かせようと色々な言葉で話しかけても伝わらないので、混乱させないよう叱るときは決めたかけ声だけを使い、家族がいる場合も全員で統一するようにしましょう。
また、叱り方が中途半端だとしつけの効果がなくなるので、雷を落として驚かせるつもりで心を鬼にしてください。
犬が自分からイタズラを止めるまで繰り返し手とかけ声で制止して、イタズラを諦められたら軽く褒めましょう。
そして、犬は今からやることへの指示はわかりますが、過去のことへの指示は理解できないので、叱るタイミングはイタズラ中や直後でないと効果がありません。
時間がたってしまった場合は叱っても混乱させるだけなので、無言で目を合わせず片づけをして、何事もなかったかのように振る舞いましょう。

トイレのしつけ

犬は食後や水を飲んだ後、運動した後、寝起きなどに排泄したくなることが多いです。
床のにおいを嗅いだりウロウロしたり、トイレを探して落ち着きのない様子が見られたらトイレに連れていきます。
排泄するまでトイレトレーから出ていかないように目を離さず、トイレの中で排泄し終わったら褒める、ということを繰り返して覚えさせます。
しかし、一度は覚えたはずなのに、トイレじゃないところで粗相する犬は少なくありません。
単純に間に合わなかった場合もありますが、トイレの場所や状態が気に入らない、飼い主の関心を引きたい、要求が通らなかったときの八つ当たりなどの原因が考えられます。
これらのどのような理由であっても、トイレの失敗を叱ってはいけません。
失敗中に叱ると排泄を我慢するようになったり、相手にしてもらえたと思って粗相を繰り返すようになったりしやすいからです。
目の前で粗相していても慌てず、黙って目を合わせない状態で、できるだけ臭いを残さないように片づけてから、トイレのしつけをやり直しましょう
トイレトレーの段差が苦手な場合や、体がトレーからはみ出して失敗してしまう子には、ビニールシートや防水マットなどの上にペットシートを敷く方法もあります。
あまりに粗相が多い場合は泌尿器系の病気も考えられる他、去勢や避妊手術の有無で排泄の癖が変わることもあるので、動物病院に相談してください。

留守番

いきなり留守番させると不安やストレスが強すぎるので、最初は10~15分間だけ犬の居る部屋から出て、一匹で過ごす練習から始めます。
始めは不安がっても繰り返し練習すれば、飼い主は出ていっても必ず戻って来ると理解して、時間を延ばしても落ち着いて待てるようになります。
ちなみに、声を掛けてから部屋を出ると、これから一人になることを意識するきっかけを与えてしまい、不安からの吠え癖が付きやすいです。
外出に気付かれないよう、目を合わたり話しかけたりしないでサッと家を出ましょう。
その時、テレビや音楽などの雑音があると、飼い主の出ていく音に集中しにくくなります。
留守中の暇つぶしには、中におやつを仕込める知育おもちゃなど、時間をかけて遊べるものがおすすめです。
帰宅後は、犬が再会の喜びから興奮状態になることが多いですが、落ち着くまでは無視するような状態で過ごしましょう。
相手をして興奮を促してしまうと、吠え癖や粗相する習慣がついてしまいやすいからです。
犬の興奮がおさまってから、優しく声をかけて留守番ができたことを褒めましょう。

まとめ

今までしつけができていなかった子でも、的確なしつけ方をしていけば問題行動は減らせます。
そして、繰り返し確認することで、お互いの信頼関係を深めながら脳のトレーニングができます。
あなたも正しいしつけで愛犬の頼れるリーダーになりましょう。

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!