老犬(シニア犬)のドッグフードを変えるならオリジンドッグフードは安心です!







老犬(シニア犬)のドッグフードを何に変えれば良いか悩んだら「オリジンドッグフード」がおすすめ

アカナペットフードの原材料には生物学的にも適正な食材から、地元産の新鮮な食材を厳選して選んだもののみを使い、良質な動物性たんぱく質を犬の体の構造に合う栄養を供給するために、年月をかけて開発しています。

地元産新鮮原材料は、より新鮮さを保つために冷凍していません。保存料を使わない、食材に拘るのです。コストを下げるために、色々な国から外注はしていない、調理中水を足さずにスチーム調理を徹底しています。

それも、チャンピオンペットフード社の自社の衛生的で数々の賞を獲得しているキッチンで製造されていますから、とても安心に犬に与えることができます。犬をより長生きに、健康的な生活を送れるためのサポートを担います。

アカナの原材料の元となる動物などの飼育は、持続可能な方法で丁寧に飼育していますから、人間用食材としても使えるほどの認定を受けた安全な食材のみを使います。

母なる自然からの恵みの栄養素をギュッと詰め込むことに能力と時間を費やす、アカナペットフードです。

そんなアカナドッグフードには、オリジンやアカナ クラシック、アカナ シングル、アカナ レジオナル、小型犬や子犬用、中型犬用、大型犬用、シニア用まで、実に豊富なドッグフードが揃っています。

鶏肉や七面鳥肉を主とするサッパリと食べれるシリーズ

オリジン パピーシリーズは、鶏肉や七面鳥肉などの肉を使っており、サッパリと食べれるシリーズとなっています。

・オリジン パピーは全種類の犬に対応、小型犬にもピッタリです。地元カナダ産の旨味の多い鶏肉や七面鳥肉を使っており、牛肉や豚肉、ラム肉が苦手な犬に最適です。タンパク質の豊富な全卵も入れては、食べ易い小粒に仕上げています。骨の成長が著しい成長期の子犬に、妊娠している母犬や授乳期の母犬が必要とする栄養を取れます。

オリジン パピー・ラージは、主に大型犬や子犬におすすめです。原材料には放し飼いにすることで肉に弾力も生まれ、旨味が濃くなる鶏肉やその卵を使っています。そこに、栄養価の高い七面肉と海水魚の栄養を豊富にプラスし、天然淡水を使っているのがより美味しく食べれるポイントです。犬の皮膚のコンディションを整え、輝く毛並み作りを食べてサポートできるよう開発しています。

・オリジン アダルトは、主に成犬用に最適です。全ての原材料の80%には良質なたんぱく質がたっぷりと詰まっている肉原材料を選び、全犬種に対応するドッグフードに仕上げました。鶏肉も七面鳥も新鮮ですし、DHAも豊富な天然魚を4種類も使うことで、毎日飽きずに食べれるほどのバラエティに富んでいるフードです。グルメな犬にお勧めです。

魚やイノシシ肉などの原材料を主としたドッグフード

・オリジン6フィッシュは鶏肉アレルギーや穀物アレルギーを持つ犬にピッタリなドッグフードとなっています。魚は水も清らかなカナダで産まれ育った天然魚から供給されていますから、犬の体を若々しく、健康に保つ良質なオメガ3を取れます。良質なオメガ3は皮膚作りができるので、毛並みの悪い犬や、毛ヅヤのない犬に最適です。

・オリジン レジオナル・レッドは、良質なイノシシ肉やバイソン肉など、他のドッグフードには使われていない原材料を使っているのが特徴的です。また、多種多様な天然魚の肉も含み、野生に近い栄養バランスを考えています。赤肉を使っていますから、嗜好性が高い犬にピッタリです。

・パシフィカ・ドッグは、魚肉ベースとなり、天然魚のEPAやDHAを摂る穀物0が特徴的なドッグフードです。消化器官が弱い高齢犬や小麦アレルギー犬にもピッタリです。

より老化の進んだ犬におすすめの2つのドッグフード

・高齢犬には噛むことで顎を強化できる少しサイズの大きなシニア・ドッグ(シニア犬用)がお勧めです。低脂肪で低カロリーとなっており、太り易い犬に最適です。動物性のたんぱく質を含みますし、筋肉や骨格を維持するのに役立ちます

・高齢犬には1.5倍ものタンパク質が気軽に取れるオリジン シニアもお勧めです。新鮮な生肉由来の良質なタンパク質を含み、運動量が落ちる老犬に最適です。低脂肪が低カロリーですから、肥満予防したい犬にお勧めです。

ドライタイプだからおやつ感覚で楽しく食べれる

・フリーズドライ製法で作られているフリーズドライトリーツは、天然肉を100%使っているのが特徴的です。肉原材料はバラエティに富んでおり、食べ易くなっています。

・フリーズドライトリーツには、ブロームレイクダックもあり、鴨肉を使っている珍しいドッグフードです。イノシシ肉など天然肉を100%使っていて、栄養分や風味を損なわずフリーズドライにしています。こちらもおやつ感覚で犬に食べさせてあげれます。

鶏肉がベースで粒が大きいから満腹中枢を刺激できる

アカナクラシックは鶏肉をベースで粒が大きいから、噛んでいるうちに満腹中枢が刺激されることでお腹が満腹になり、食べる量を抑えられます。

・そんなアカナ クラシックのパピー・スモール・ブリードは小型犬や子犬用で、1cm以下の超小粒タイプです。鶏肉がベースで栄養価が高いので、妊娠中の授乳中の犬にも最適な小型犬用ドッグフードです。

・中型犬と子型犬には、パピー&ジュニアがお勧めです。直径1cmほどの小粒タイプのドッグフードで、鶏肉ベースで栄養豊富なフードとなります。1.5cmの大粒タイプで、関節や骨などの成長をサポートし、デリケートな大型犬に合う鶏肉ベースとなっています。

成犬に最適な栄養素を豊富に含むドッグフード

・アダルト・スモール・ブリードは、小粒タイプで鶏肉ベースです。低炭水化物と高たんぱく質が豊富な動物性となっています。

・大粒タイプがお気に入りの犬には、アダルト・ラージ・ブリードがお勧めです。大型犬と成犬用で、三角形の大粒で、より噛む力を養えて、顎の強化ができます。鶏肉ベースで、関節に負担がかかりやすい大型犬にも最適です。

・チキン&パーパンクポテトは全犬種に対応し、中型犬や成犬用にピッタリです。鶏肉ベースで粒が中粒だから噛み易く、美味しく食べれます。

犬の運動エネルギーやカロリーを考えたドッグフード

・活発的な犬には、スポーツ&アジリティがお勧めです。高エネルギーフードとなり、良質な動物性たんぱく質を含み、脂肪が豊富だから、より運動を持続できます。元気な犬の体形をシャープになるサポートができ、バランスのとれたフォルムのボディ作りに最適です。

・ライト&フィットは成犬用で、低脂肪と低カロリーで動物性たんぱく質を含むから、体重コントロールできます。よりスタイルの良い犬にしたい時にお勧めです。

抵抗力の弱い犬におすすめの4つのドッグフード

・アカナ シングルシリーズには、肉原材料に拘りのあるドッグフードが満載です。穀類やジャガイモを使っていないから、炭水化物を抑えられます。

・NEW ラム&オカナガンアップルは、ラム肉だけを使っているドッグフードです。低アレルギーフードで、食物繊維が含まれているリンゴを使い、お腹の弱いワンちゃんに最適です。

・NEW ダッグ&バートレット梨は成犬用で、鴨肉を実に50%も使い、動物性タンパク質由来だからアレルギーになりやすいドッグフードとなります。

・ポーク&バターナッツスクワッシュは成犬用で、50%の原材料中には豚肉を使っております。動物性たんぱく質由来だから、低アレルギーフードです。

食いつきの悪い犬にピッタリランチランド

アカナ レジオナルのランチランドは、牛肉の赤肉をベースとしており、食い付きが悪い犬にピッタリです。ワイルド・プレイリー・ドッグは、穀物0で穀物アレルギーの犬にも最適です。

まとめ

アカナのドッグフードは、犬の舌に合う味から選べますし、犬の体の大きさ、粒の大きさなどからも選ぶことができます。ですから、よりその犬への負担もかけ難く、与えることができるのです。

生物学的に適正なペットフード【オリジン】

食欲が落ちた犬に最もおすすめなドッグフード「馬肉パラパラミンチ」を紹介している記事「食欲の落ちた犬でも馬肉パラパラミンチなら食いつきが蘇る」と実際に「馬肉パラパラミンチ」を食べさせてみた感想記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです 」の記事もぜひチェックしてみてくださいね!