災害、通院、介護、お出掛け用などに便利なペットキャリー「GRAMP」




もしもの災害に備える「ペット用のリュック型キャリー」で愛犬の安心を手に入れる

リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」という商品を知っていますか?

この商品は「災害時に飼い主と一緒に避難する為」のリュック型ペットキャリーなのです。

「もしも」の時、愛犬と一緒に避難するのに、どのように避難すればいいかすぐに思いつき、行動できる自信はありますか?

ドッグフードやお水を持っていくのは必須ですが、その他にもウェットティッシュや首輪にリード、ごみ袋に新聞紙、ペットシーツにウンチ袋、鑑札などなど、必要な物は多岐にわたります。

そして、各種予防接種も日ごろから完璧に行う必要がありますよね。

それでは、「愛犬をどのようにして避難場所に連れていきますか?

大抵の飼い主さんは、動物病院やお出かけ用の「持ち運び用ケージ」や「ペット用キャリーバッグ」を使って愛犬と一緒に避難するかと思います。

しかし、多くの持ち運び用ケージやキャリーバッグは両手や片手で持って移動しなければいけない為「災害」という緊急時には「持っていける荷物が少なくなったり」「移動自体のスピードが落ちて危険度が高まる」といった大きな負担になってしまうでしょう。

そんな時、「もしもの備え」である「ペット用リュック型キャリーGRANP」を持っていれば下記の画像のように背負って移動できるため「持っていける荷物の量も増え」「避難スピードも格段に速くなる」という大きなメリットがあるのです。

キャリーバッグ

災害用リュック

この商品のサイズは折りたたんだ状態でW41.5×L30×H42㎝
重さが約3.3㎏
ペットの重さは10kgまで(荷物含む)

ということで、中型犬や大型犬の移動には無理ですが、「小型犬」の移動には最高のサイズになっています。

災害用リュック

「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」は避難場所での長期間の生活にも対応できる事が大きなメリット

災害用リュック

災害時の避難所には「ペットを飼っていない人」や「動物が嫌いな人」もいるはずです。

災害時の避難場所では、人間も普段の生活のように「広い空間で何でもできる生活」ができなくなります。
ましてや「愛犬」をケージやキャリーバッグから出して自由にさせることなど絶対にできないでしょう。

犬は、飼い主さんが見えない暗くて狭い空間に閉じ込められることで大きなストレスを抱えてしまいます。
「災害時の避難所」という特殊な環境下ではさらに大きなストレスを抱え、不安で吠えることもあるでしょう。

しかし、この「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」ならば、横を広げられるのでキャリーの中の空間が広く確保できるようになります。そして、その広げた部分はメッシュ状になっているので、飼い主さんの顔を常に確認することが出来ます

この「飼い主さんの顔を確認することが出来る」ということが犬にとっては精神的にとてもとても大きなメリットになり、精神的なストレスを軽減させてくれます。

下記の画像のように「給水口」が設計されているのも大きなメリットです。

災害用リュック

「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」は災害時だけではなく、お出かけ用や動物病院への通院用、介護用としても便利

「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」が「もしも」の時に役立つペットキャリーであることは今までの説明でお分かりいただけたかと思います。

しかし、「もしも」の時以外にも、「お出かけ用として」「動物病院への通院用として」「介護用として」など様々な用途で活躍できるキャリーなので、とても重宝するアイテムなのです。

災害用リュック

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地震や津波、噴火など災害が多いこの日本では、「災害の時はどうする?」と家族で話し合って決めているという人も多いのではないでしょうか?

そんな「もしも」の時にも「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」を持っていれば、とても迅速に、そして安全に「ペットとともに避難することが出来るのです」

災害以外にも「お出かけ用」「通院用」「介護用」にも使えるこのキャリーをぜひ一家に一つ用意しておくのも「愛犬に対する優しさ」と言えるのではないでしょうか。

「リオニマルリュック型ペットキャリーGRAMP」公式サイト