あなたが飼っているワンちゃんは5年後も健康ですか?

毎日愛犬が食べているドッグフードにはもしかしたら身体に良くない添加物や素材が使われているかもしれません。

悪いドッグフードは確実に愛犬の寿命を縮めます。

このサイトでは「本当におすすめできる良いドッグフード」だけを紹介しています。

大好きな愛犬とできるだけ長く一緒にいたいと思うのならば「今からでも本当に良いドッグフードに変えてみましょう

獣医学雑誌に掲載された「最高の食いつきと栄養」を実現させた「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンドッグフード公式サイト

食欲の落ちたワンちゃんが間違いなく食いつく最高の生肉ドッグフード「馬肉パラパラミンチ」もおすすめ!

馬肉パラパラミンチ公式サイト

さあ、愛犬の長生きをあなたも手に入れましょう!

癌・腫瘍ができてしまった老犬の為のドッグフードで諦めない生活を送ろう!

長年飼っている愛犬が癌になってしまった時、あなたは何をしますか?

「動物病院に連れて行って投薬治療や手術、放射線治療などを行う」

そうです!悪性腫瘍をそのまま放置してしまうことはすなわち「愛犬の寿命」を短くしてしまうということなので、絶対に行うべきでしょう。

動物の手術などはかなり大きな出費になってしまいますが、現代においてペットは間違いなく「家族の一員」であるので、できる限りのことはしてあげたいと望む飼い主さんも多いのではないでしょうか。

もしも愛犬に癌や腫瘍になってしまった時、「愛犬を家族だと思っている飼い主さん」にできることがもう一つあるのです。

それは、「癌や腫瘍ができてしまった犬専用の療法食ドッグフード」の「みらいのドッグフード」です。

この記事では、そんな「癌や腫瘍ができてしまった老犬の食事療法」と療法食ドッグフードの「みらいのドッグフード」について解説していきたいと思います。

癌

犬の癌や腫瘍の原因と種類

犬の癌は、人間と同じように「死因原因第1位」なのをご存知でしょうか?

特に10歳を過ぎた老犬は癌や腫瘍ができる確率がグンと上がってしまいますので、定期的な健康診断を受診することが大切になります。
(人間と同じように早期発見、早期治療ができれば再び健康を取り戻すことができますからね)

9歳ごろまでは1年に1回の健康診断が推奨されていますが、10歳を過ぎた老犬は様々な病気のリスクが高まりますので、「半年に1回の健康診断の受診」が理想的な間隔になります。

癌にも様々な種類がありますが、人間がなる癌のほとんどが犬もなる可能性があるのです。

ということで、犬の癌もとても多くの種類があるわけですが、代表的な癌の種類としては

・乳腺腫瘍
高齢になったメスの犬が発症することが多い腫瘍です。避妊手術をしていると発生率を下げることができるともいわれています。

・骨肉腫の腫瘍
骨や肉の細胞に発生する腫瘍です。この腫瘍ができてしまうと、とても激しい痛みを感じるとても厄介な癌なのです。

・リンパの腫瘍
あごや脇の下などのリンパ節が次第に腫れていく腫瘍です。
この腫瘍はとても転移しやすい癌としても知られています。治療法としては抗がん剤が主流になっています。

などがあります。

残念ながら、絶対に癌にならない予防策というのは存在しません。
とてもショッキングですが、10歳以上の老犬の多くが癌になって死んでしまうという現実があるのです。

参考記事「老犬が癌にならないための予防法。癌の種類となりやすい犬種について

老犬にこんな症状が現れたら癌や腫瘍を疑うべき

癌や腫瘍ができると、老犬の身体に様々な影響が出てきます。
(中には「肝臓がんや膵臓がん」のようにかなり進行してからでしか症状が現れない癌もあります。)

・老犬の体重が急激に減少してしまっている。

・いつもは尻尾を振りながら散歩をしているのに、どこか元気がなくしんどそうに歩くようになった。

・明らかにぐったりしていて元気がなくなってきている。

・身体の表面にしこりのような物が確認できる。

上記のような症状が現れたら癌や腫瘍を疑い、早急に動物病院に受診するようにしましょう。

特に身体の表面にできる腫瘍は飼い主さんが触って発見することができるので、普段から愛犬をマッサージしたり触れ合う機会を増やすことで早期発見できるのです。

癌や腫瘍ができてしまった老犬に与えるドッグフードは薬膳食事療法の「みらいドッグフード」がおすすめ

ドッグフード

老犬に癌や腫瘍ができてしまった時、動物病院を受診して投薬治療や手術、抗がん剤治療をするのはもちろんなのですが、「薬膳食事療法ドッグフード」を取り入れて愛犬の癌や腫瘍と戦うという選択肢を選ぶことがとても重要になってくるのです。

この「薬膳食事療法」とは「最新の臨床栄養学」と「国産無農薬の10種類のスーパーキノコ」と「マクロビオティック発酵素材」を組み合わせたドッグフードを与えることなのです。

この「みらいドッグフード」がなぜおすすめなのかというと「癌や腫瘍」ができてしまった犬(老犬)のことを考えて開発されたドッグフードであるというところでしょう。

完全無添加であるのもうれしいポイントですが、初回無料サンプルがあったり、全額返品保障付きという特典があるというのも大きなポイントではないでしょうか。

公式サイトを見てみると、過去に愛犬を癌で亡くしてしまったスタッフが開発に加わって、最高のドッグフードを作り上げたということで、とても気持ちのこもった商品だということがわかります。

癌や腫瘍ができた老犬には「摂るべき栄養」と「避けるべき栄養」があるのです

この「みらいドッグフード」は「摂るべき栄養」を配合し「避けるべき栄養」を排除した「癌や腫瘍ができた老犬には最高のドッグフード」なのです。

ぜひ公式サイトを一度訪れて、その高品質なドッグフードを試してみてはいかがでしょうか。



【最後まで諦めない~犬の食事療法【療法食】