あなたが飼っているワンちゃんは5年後も健康ですか?

毎日愛犬が食べているドッグフードにはもしかしたら身体に良くない添加物や素材が使われているかもしれません。

悪いドッグフードは確実に愛犬の寿命を縮めます。

このサイトでは「本当におすすめできる良いドッグフード」だけを紹介しています。

大好きな愛犬とできるだけ長く一緒にいたいと思うのならば「今からでも本当に良いドッグフードに変えてみましょう

獣医学雑誌に掲載された「最高の食いつきと栄養」を実現させた「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンドッグフード公式サイト

食欲の落ちたワンちゃんが間違いなく食いつく最高の生肉ドッグフード「馬肉パラパラミンチ」もおすすめ!

馬肉パラパラミンチ公式サイト

さあ、愛犬の長生きをあなたも手に入れましょう!

足腰の筋力が衰えてきている老犬のお風呂やシャンプーはケガに注意。

飼っている愛犬が年を重ね老犬になった時、今まで通りの生活を送ることはリスクに繋がることが多くあるでしょう。

老犬のお風呂やシャンプー」についても同じで、若い時と同じようなお風呂やシャンプーをしてしまうと老犬にとって良くないのです。

この記事では、そんな「老犬のお風呂やシャンプー」をする際の注意点について解説していきたいと思います。

シャンプー

老犬のお風呂やシャンプーには注意が必要

老犬になると足腰の筋力が落ちてきたリ、皮膚が荒れやすくなっていたりするものです。
若い時のようなお風呂やシャンプーではなく、しっかりと老犬の身体に合わせたお風呂やシャンプーをすることが重要となります。

気を付けるべきポイントの一つ目は「お風呂の温度」です。

お風呂の温度が高すぎると、老犬の身体には大きな負担になってしまいます。
老犬が熱いと感じない程度の温度(37度程度)に設定することで肉体的にも負担がなく、また精神的にも快適にお風呂に入ることができるのです。

また、老犬にとってお風呂に浸かるという行為はとても負担が大きくなりますので、37度程度のシャワーでシャンプーするだけでも十分であるという考え方もありますので、絶対にお風呂に入れなければならないというわけではないという認識でいた方が良いと思います。

次のポイントは「天気の良い温かい日」を選ぶことです。

特に冬場は注意が必要で、気温や室温が低い状態で洗うという行為はとても老犬に負担をかけてしまいます。
老犬を洗う際は天気の良い温かい日を選び、室温も寒くならない程度に設定するようにしましょう。

そして重要なポイントの一つが「老犬が風呂場内で滑らないような環境作り」をすることです。

若い犬と老犬で一番違う点は「足腰の筋力が衰えてきている」という点です。

滑りやすいお風呂場内に老犬を入れると滑って怪我をしてしまうリスクが高まりますので、バスマットなどを必ず敷いてリスクを極力減らしてあげましょう

また、意外と忘れがちなのが、シャンプーが終わってバスタオルで拭き上げた後のドライヤーをする際の足元も滑らないようにしておく必要があります。

そして最後のポイントが「老犬に合った低刺激のシャンプー」を使うことです。

老犬になると皮膚のトラブルが多くなってきますので、シャンプーは低刺激の商品を選ぶようにしましょう。

シャンプーを始めると、どうしても「せっかくだからもっと綺麗にしてあげよう」という気持ちが芽生え、ゴシゴシと洗ってしまったり、シャンプーの時間も長くなってしまいがちです。

強く洗ってしまうと老犬の皮膚が荒れてしまうリスクも上がりますし、シャンプーの時間が長くなると老犬の身体に大きな負担になってしまいます。

爪の長い女性がシャンプーをする際はその長い爪で老犬の皮膚に傷をつけてしまわないように気をつけましょう。

また、シャンプーの泡が残ってしまっても皮膚が荒れてしまいますので、シャワーで洗い流す際はしっかりと洗い流すようにしましょう。

老犬が癌やその他の病気で弱っている際は無理にお風呂やシャンプーをしない

老犬に癌や腫瘍が出来たり、病気で体調を崩している時は、無理にお風呂やシャンプーをしないようにしましょう。

体調を崩している期間が長く、老犬の身体を洗いたいと思った時には「水を使わない泡シャンプー」を使って綺麗にしてあげたり、濡れタオルで部位ごとに拭き取って綺麗にしてあげると良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

足腰の筋力が落ちていたり、皮膚が荒れやすくなっている老犬をお風呂に入れたりシャンプーしたりするのは、とてもリスクが高くなってしまいます。

・お湯の温度は37度程度のぬるま湯で。

・天気の良い暖かい日にお風呂やシャンプーをする。

・お風呂場で足を滑らして怪我をしないようにバスマットなどを使う。

・老犬に合ったシャンプーを使う。

というような注意点があります。

めんどくさいと思わずに、大切な愛犬のためにしっかりと実施していただき、健康で長生きな老犬でいさせてあげましょう。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです