あなたが飼っているワンちゃんは5年後も健康ですか?

毎日愛犬が食べているドッグフードにはもしかしたら身体に良くない添加物や素材が使われているかもしれません。

悪いドッグフードは確実に愛犬の寿命を縮めます。

このサイトでは「本当におすすめできる良いドッグフード」だけを紹介しています。

大好きな愛犬とできるだけ長く一緒にいたいと思うのならば「今からでも本当に良いドッグフードに変えてみましょう

獣医学雑誌に掲載された「最高の食いつきと栄養」を実現させた「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンドッグフード公式サイト

食欲の落ちたワンちゃんが間違いなく食いつく最高の生肉ドッグフード「馬肉パラパラミンチ」もおすすめ!

馬肉パラパラミンチ公式サイト

さあ、愛犬の長生きをあなたも手に入れましょう!

チワワのすべて!おすすめドッグフードやかかりやすい病気など徹底解説

ペットを育てる環境は室内飼いが主流になり、ワンルームやマンションでも育てやすい超小型犬の需要は高まるばかりです。
その中でもチワワは根強い人気があり、飼いたい犬種ランキングのベスト3に必ず入るほどです
そんなチワワの詳しい情報から、おすすめドッグフードや飼い方、しつけのポイントまでまとめました

チワワ

チワワの特徴

体高16~23センチ、体重1~3キロと、全犬種の中で一番体が小さく、運動量も少ない方なので室内飼いに向いています。
こぼれそうな丸い目と、大きめの耳が目立つ小顔で、頭の大きさは手の平にすっぽり収まってしまうほどです。
がっしりした胴体に細い脚が特徴的な、超小型犬です。
代表的な毛の色はブラック、チョコレート、レッド、フォーン、クリームなどですが、タン(麿眉のような模様)や、2色、3色の組み合わせ、斑点など色柄のバリエーションは多彩です。
また、すべての色に長毛(ロングコート)と短毛(スムース)があります。
平均寿命は14~18歳と、犬の中では比較的長寿です。

チワワの性格

体格が小さいので警戒心が強いですが、自分より大きな生き物にも立ち向かっていく勇敢さも持っています。
すぐに怖がって震えてしまう臆病さや、どんな相手にも威嚇する無謀な性格が出るかどうかは、その子の個性が大きく関わっています。
しかし、しつけをしながら日常生活の中で自信を付けてあげられると、恐怖心に振り回されず堂々と過ごせるようになります。
一人に愛情をそそぐタイプで、誰にでも愛想良くする傾向はあまり見られません。
そのため、飼い主さんが他の人と仲良くしているとやきもちをやくこともあります。
家族で飼う場合は、全員がルールを統一してリーダーシップをとれるように接しないと、チワワに優先順位を付けられることもあります。
また、ドッグラン犬同士で交流するときは、他の犬種よりもチワワ同士で仲良くなりやすい傾向があります。
室内飼い向きの性格ですが、好奇心旺盛で散歩やおもちゃ遊びを楽しむことも得意です。

チワワの手入れ

抜け毛は多いですが手入れのしやすいまっすぐな毛質なので、1日1回のブラッシングで十分です。
長毛の場合は、クシで毛先のもつれを取ってからブラッシングをしましょう。
チワワにも年に2回の換毛期があり、抜け毛が増える季節の変わり目には、こまめなブラッシングが必要になります。
抜け毛対策に服を着せておくと、家の中のあちこちで毛を落としにくくできますが、自然に抜け落ちない分ブラッシングを忘れないようにしましょう。

チワワのしつけポイント

チワワはしつけのしにくい犬ではなく、リーダーの指示を守ろうとする忠誠心と、理解力があります。
しかし、小さな見た目からつい甘やかしてしまい、十分なしつけができていない飼い主さんが多いです。
チワワはあまり考えずに挑みかかってしまう傾向があり、子犬の頃から早くしつけを始めないと何にでも吠える癖や、噛み癖がついて社会性のない犬になりやすいです。
社会のルールが身に付いていない犬と、お互いに苦痛なまま15年近く一緒に生活していくことのないように、子犬のときから厳しくしつけましょう。
警戒心の強さから初対面の人や、初めて見るものに対して吠えたり、噛みついたりすることがよくあります。
威嚇する理由のほとんどは恐怖心からくるものなので、原因を取り除かないまましつけようとしても上手くいきません。
この場合は、大声で叱ると余計に興奮してしまい逆効果になるので、騒いでいる間は無視をして、冷静にチワワの不安材料を片づけましょう。

チワワのかかりやすい病気

体の小さな個体が人気ですが、体格を小さくするために健康が無視されているケースが少なくないため、子犬を選ぶ際は骨格のしっかりした子のほうが先天性疾患のリスクが減らせます。
体が小さいので低血糖症が起きやすく、とくに子犬の頃は低血糖にならないよう、食事の管理が大切です。
また、傷付きやすい瞳が大きく出ているので、目の炎症や感染症に注意しましょう。
気温の変化が苦手で、暑さにも寒さにも弱いので、空調の調節をして常に適温で過ごせる環境作りと、服やトリミングで体温調節しやすくするように心がけてください。
そして、尿路結石ができやすい体質の子が多いので、水分を十分とらせたり、結石のできにくいフードを選んだりして予防対策しておくと安心です。
気管虚脱という、気管支が潰されたように狭くなる病気になりやすく、息苦しさの予防には首輪よりハーネスを使うと良いとされています。
膝蓋骨脱臼しやすく、後ろ脚の膝のお皿がずれることがありますが、原因には生まれつき骨が華奢な先天性の場合と、衝撃によって骨が変形する後天性があります。
骨格が小さいと少しの体重の増加でも大きな影響が出るので、太っていると気管虚脱や、膝蓋骨脱臼などの症状が悪化しやすいです。
さらに、肥満のまま高齢になると糖尿病のリスクも高くなります。

チワワに必要な栄養素やおすすめドッグフード

偏食のチワワは多いですが、好き嫌いに合わせているとワガママが酷くなっていくので、根気強く食べさせるようにしてください。
小型犬は虫歯や歯周病になりやすい傾向があるので、歯に汚れの付きにくいドライフードのドッグフードがおすすめです。
高タンパク質の食事が基本ですが、太らせないように摂取カロリー量に気を付けましょう。
脂肪分と炭水化物の控えめなフードを選ぶとカロリーを押さえられ、脂肪燃焼効果のあるカルニチンを多く含むラム肉もおすすめです。
骨を丈夫にするにはカルシウムだけを補給するのではなく、カルシウムとリンの比率が1:1~2になるように摂取すると効果が出やすくなります。
肌トラブルの予防と抗アレルギー効果、炎症を抑えるにはオメガ3脂肪酸を積極的にとりましょう。
皮膚のうるおいがなく毛艶が良くない場合は、オメガ6脂肪酸が不足しているケースも考えられます。
これらの脂肪酸も、どちらかだけとり過ぎることのないように、オメガ3とオメガ6のバランスは1:2~4を目指して摂取すると肌と被毛の改善に効果的です。

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
馬肉パラパラミンチ

あなたの家でチワワと一緒に生活していくイメージができたでしょうか?
チワワは見た目が可愛らしいだけではなく、小さい頃のしつけをしっかりしておけば、末永く信頼関係を築ける最高のパートナーになってくれます。

ドッグフード選びに悩んだら「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック