パピヨンの平均寿命と長生きの秘訣!老犬になってからでも出来ること。




人気の犬ランキングで毎回上位に顔を出す「パピヨン」という犬種。

フランス語で「蝶」を意味するパピヨンという名前

まさに蝶々の様なその愛くるしい耳の形も魅力的ですよね。

この記事では、そんな愛くるしいパピヨンの魅力や平均寿命、そして長生きさせるために老犬になってからでもできることなどを解説していきたいと思います。

パピヨン

パピヨンの性格と平均寿命

体高25㎝前後
体重3㎏前後

古来より王族に寵愛されてきたパピヨンという犬種。
昔はスカーレル・スパニエルと呼ばれていたそうです。

パピヨンの祖先はスペイン原産のトイ・スパニエルという犬種だと言われていますが、イタリアやフランス、ベルギーなどで盛んに繁殖されていました。

現代のパピヨンの特徴でもある耳がピンと立ったタイプのパピヨンは18世紀末あたりから繁殖されるようになったようです。

中には垂れ耳のパピヨンもいたりして、日本国内でも見かけることが出来ます。

そんなパピヨンの性格を一言で言うと「警戒心が強く活発で好奇心旺盛」という感じでしょうか。

良く言えば「番犬としての役割もできる犬種」悪く言えば「無駄吠えが多い犬種」といえます。

しかし、パピヨンは頭が良く比較的しつけしやすい犬種なので、幼犬のころからしっかりとしつけを行えば無駄吠えのない暮らしをすることもできるのです。

とても活発で好奇心旺盛な性格なので散歩の回数が少ないと部屋の中でいたずらしてしまうこともあったりします。

運動量自体は小型犬なのでそこまで多くないのですが、お散歩は1日1回は必ずした方がストレスを溜めずに暮らすことが出来るでしょう。

その他のパピヨンの特徴としては、警戒心は強いのですが、一度心を許した相手には非常に愛情深く「人間のパートナーとしてとても良い関係」を築ける犬種ともいえます。とても頭が良いので飼い主さんの気持ちを理解してたくさん癒してくれるのです。

パピヨンの平均寿命」は約14年程度です。

8歳ごろからは「老犬」と呼べる段階に入りますのでしっかりとした健康管理が必須となります。

パピヨンの寿命を延ばす為に老犬になってもできること。長生きの秘訣。

パピヨンという犬種で特に気を付けたいのが「ストレス」です。

パピヨンはとても活発で好奇心旺盛な犬種なので、毎日しっかりと運動させたり遊んであげないと大きなストレスが溜まってしまいます

ストレスは「身体の免疫力」も下げてしまいますので、パピヨンの寿命を伸ばす為には絶対にクリアしておきたいポイントになります。

そしてもう一つパピヨンを長生きさせるために気を付けたいポイントとしては「飼い主さんやその家族からの愛情」です。

パピヨンはとても愛情深く、飼い主さんに好かれようと頭をフル回転させている犬種なので、飼い主さんからの愛情が不足していると体調にも影響してしまいます。
散歩をして運動させることも重要ですが、家の中で一緒にオモチャで遊んだり、飼い主さんがマッサージしてあげたりするだけでパピヨンの寿命にとても良い影響を及ぼすでしょう。

老犬になったパピヨンを少しでも長生きさせる為にできること

パピヨンに限らず老犬になると様々な面で(ドッグフードの質や量、散歩の回数や距離、内臓機能の低下など)変化が必要になってきます。

特にドッグフードに関してはもろに身体に影響を及ぼしますので、いろいろなドッグフードを比較してしっかりと判断したいところです。

よくお店などで見かける老犬用(シニア犬用)のドッグフードは低タンパクな物が多いですよね。

確かに老犬になると消化能力が落ちます。しかし、重要なのは「たんぱく質の質」なのです。

良質なたんぱく質を含むドッグフードを老犬に与えることでとても良い影響を与えることが出来るのです。

そしてもう一つが「穀物不使用のドッグフード」を選ぶこと。

このサイトでも老犬におすすめのドッグフード5種類を比較!食いつきが蘇りますよ! という記事で老犬におすすめのドッグフードを解説していますのでぜひチェックしてみてください。

老犬のパピヨンの寿命を延ばす秘訣

ズバリ!老犬のパピヨンには「ドッグフードを軽くふやかしてから与える」ということ

この「ドッグフードをふやかしてから与えるメリット」は二つあります。

一つ目は「ドッグフードをふやかすことで消化に良く、吸収しやすくなる」というメリット。

そして二つ目は「ふやかすことで水分も一緒に摂取することが出来る」というメリット。

特に二つ目のメリットは、老犬になると喉の渇きに鈍感になってしまいがちなので、水を飲む回数も減ってしまうのですが、ドッグフードをふやかすことで水分も一緒に摂取することが出来るので一石二鳥の効果があるのです。
(ふやかしたドッグフードを与えた後の餌入れは不衛生になりがちなのでしっかりと毎回洗浄するように心がけましょう)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パピヨンというとても魅力的な犬と長い年月一緒に暮らしていく為にはいくつかの「すべきこと」があります。

・最低1日1回のお散歩で運動不足にならないようにする。

・飼い主さんと触れ合う時間を作ることで愛情を感じストレスを溜めない。

・老犬になったら良質なたんぱく質を含むドッグフードに切り替える。

・老犬になったらドッグフードは「少しだけふやかして与える」

上記のような点に気を付けながら、定期的な健康診断なども実施して「健康で長生き」なパピヨンでいさせてあげましょう。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです