犬の口臭は病気のサイン?口臭の原因と予防、改善方法について




愛犬と遊んでいるとペロペロと顔を舐めてくることがありますよね。

そんな時

「あれ、この子口がくさい」

という経験がある飼い主さんもいるのではないでしょうか。

口がくさいと「歯と歯の間に歯垢が溜まっているのかな?」とか
「もしかして歯周病かも」なんて思ったりしますよね。

しかし、実は口臭の原因は口の中が原因とは限らないのです。

口のにおいは重大な病気のサインかもしれません。

この記事ではそんな「犬の口臭がくさい」原因と隠された病気の可能性。そして口臭を抑える対策や予防法を紹介していきたいと思います。

口臭

犬の口臭がくさくなる原因と病気の可能性

まず、犬の口臭がくさくなる原因の種類を考えてみます。

・歯と歯の間に食べかすなどが詰まって歯垢が溜まっている。
(日常的な歯磨きや歯磨きガムの活用などが習慣化されていない)

・歯周病になっている。
(3歳以上の犬の80%程度は歯周病になっているとも言われています)

・内臓系の状態が正常ではない。

実は口臭の原因で気をつけなければならないのがこの原因です。

胃腸に異常があったり、肝臓の機能が低下していたり、腎臓病に侵されていたり、糖尿病を患っていたりと、口臭によって重大な病気を発見できることもあるのです。

単純に「口の中の衛生環境が悪い口臭」であれば、乾いたタオルやガーゼなどで愛犬の歯を拭き取ってにおいを嗅いでみると簡単に判断できます。

拭き取ったタオルやガーゼがくさければ、「口の中の衛生環境が悪い」と判断できます。

しかし、もし拭き取ったタオルやガーゼがくさくなければ「内臓系の異常や病気」である可能性が高くなりますので、なるべく早く動物病院を受診した方が良いでしょう。

口臭の原因である口の中の汚れや内臓系の異常を改善、予防する方法

まずは口臭の原因をしっかりと判断することが必須となります。

単純に口の中の衛生環境が悪いのか、内臓系の異常や病気なのかをしっかりと判断しましょう。
分かりづらい場合は獣医師さんにしっかりと診てもらう方が良いでしょう。

口の中が汚い場合の改善方法としては

ドッグフードを無添加のものに変える。

・犬用の歯磨きで定期的に歯磨きをする。
(人間用の歯磨き粉は犬にとって有害になるので絶対にしないでくださいね)

・歯磨きガムや歯磨き効果のあるオモチャを与える

意外と簡単な改善、予防方法ですが、この方法を定期的にしっかり行っている飼い主さんは結構少ないのが現状でしょう。

簡単な様で難しい」

それが犬の口臭対策なのです。

犬の口臭対策におすすめの商品(サプリメント)

なかなか犬の口臭に対策用の商品はなかったりするのですが、「キュアペット」というサプリメントは「犬の口臭」を改善するために開発された商品なので非常におすすめです。

キュアペットは獣医師さんよりも犬の栄養に詳しい「動物栄養学博士監修」の商品で、腸内バランスを整えることで犬の口臭を改善させる優れものなのです。

プロバイオティクス(有胞子性乳酸菌)を配合しているので、しっかりと腸まで届き、善玉菌を増やしてくれるのです。

更に天然素材のビール酵母を配合しているので善玉菌を増やすサポートしてくれます。

そして、天然の消臭成分の「クマザサ」を配合していることで犬の口内を抗菌しながら腸内をサポートしてくれるのです。

使用方法も粉末タイプなので普段のドッグフードに軽く振りかけるだけ。とてもお手軽に腸内、口臭ケアができるのです。

公式サイトには94.1%の飼い主さんが「愛犬の口臭が減った」と実感している記述もあるので、かなり犬の口臭改善に期待ができる商品だと思います。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

口の中の汚れが原因である場合、内臓系の疾患があることで口臭が発生してしまう場合など、原因は様々です。

たかが口臭と判断せずに、しっかりとその口臭の原因を突き止め、早急に改善することで、愛犬の健康な暮らしを守っていけるのです

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです