あなたが飼っているワンちゃんは5年後も健康ですか?

毎日愛犬が食べているドッグフードにはもしかしたら身体に良くない添加物や素材が使われているかもしれません。

悪いドッグフードは確実に愛犬の寿命を縮めます。

このサイトでは「本当におすすめできる良いドッグフード」だけを紹介しています。

大好きな愛犬とできるだけ長く一緒にいたいと思うのならば「今からでも本当に良いドッグフードに変えてみましょう

獣医学雑誌に掲載された「最高の食いつきと栄養」を実現させた「モグワンドッグフード」がおすすめです。

モグワンドッグフード公式サイト

食欲の落ちたワンちゃんが間違いなく食いつく最高の生肉ドッグフード「馬肉パラパラミンチ」もおすすめ!

馬肉パラパラミンチ公式サイト

さあ、愛犬の長生きをあなたも手に入れましょう!

老犬の筋力の低下を防ぐことが長生きの秘訣!寿命を延ばすための運動とは

老犬になると足腰の筋力が低下して若い時よりも動きが遅くなりますよね。

散歩の距離も短くなり、回数も減り、歩くスピードも遅くなっていきます。

そんな時、飼い主であるあなたはどうしますか?

「老犬になってきたから仕方ない」とあきらめてはいませんか?

老犬になり足腰の筋力が低下する」→「次第に身体の可動範囲が狭くなっていく」→「歩いたり動いたりするのがしんどくなっていく」→「さらに筋力が低下する」→「立ち上がるのもしんどくなったり寝たきりになってしまう場合もある」

実は老犬になってからの「筋力低下」を放置しておくとこのような負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなってしまうのです。

もちろん3歳や5歳の時のような運動と同じような量とスピードなどを老犬にさせるのはリスクが高くなってしまいますので、「無理のない程度の運動」は老犬にとても重要なのです。

この記事では、「老犬の筋力を低下させない(現状維持する)為にするべきこと」を中心に解説していきたいと思います。


老犬

老犬にどんな運動をさせれば筋力の低下を防げるのか

老犬になってくると若い時よりも睡眠時間が長くなりがちです。

活発に動き回り、おもちゃで遊んだり走り回ったりする時間が減るので必然的に寝ている時間が長くなるのです。

犬がおとなしく寝ていると飼い主さん的には楽なのでそのまま寝かし続けたくなってしまいますが、最低でも1日に1回、できれば午前中と夕方の2回は犬を起こしておもちゃなどで一緒に遊んであげたりすることがとても重要です。

もしも老犬になり運動量が落ちたので散歩はしなくなってしまった場合でも、日向ぼっこ程度でもいいのでお庭や空地などで少しでも歩かせるようにすると筋力の低下を防止することが出来ますし、犬自体のストレスも軽減されるのでとてもおすすめです。

回数や距離は減ったが日常的にまだ散歩出来ている程度の老犬でしたら、少しでいいので「緩やかな坂道」を登るような散歩コースに変更するのも良い方法だと思います。
この時注意したいのが「無理はさせない」ということ。
もしも坂道を登り切った後「ハァハァ」と息を切らしているようなしぐさをするようならもう少し緩やかな坂道に変更するか、平坦なコースに戻す方が良いでしょう。

家の中でできる筋力低下を防ぐ運動としては、「おすわり」と「伏せ」を繰り返し行う方法があります。

おすわりの状態から立ち上がる運動を数回行うだけでも後ろ足の筋力強化になるので「おすわり」→「立ち上がる」→「おすわり」→「立ち上がる」という運動を無理のない程度に繰り返し行いましょう。

さらに「おすわり」から「伏せ」を繰り返すことで前足の筋力強化になるので、この運動もおすすめです。

飼い主さんの指示で「おすわり」→「立ち上がる」や「おすわり」→「伏せ」を繰り返しできるのがベストなのですが、もしもできない場合には「おやつ」を使って愛犬にこの動作を繰り返し行わせる方法もあります。

栄養面でもケアして健康的な身体を維持していく

老犬になってくると消化能力がどうしても落ちてきてしまいますので、安価なドッグフードではなく少しランクの高いドッグフードを与えることが必要になってきます。犬用のサプリメントなどで栄養補助するのも良いでしょう。

おすすめは「高タンパク・低カロリー」な馬肉パラパラミンチ
です。

この馬肉パラパラミンチは消化にも良くお腹に優しいドッグフードで、食いつきも抜群に良いので食欲の落ちてきた老犬に与えるにはピッタリなドッグフードなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだ年齢が若い時からしっかりと運動を習慣化させ、坂道のアップダウンや足腰の筋力アップの運動をしていることが老犬になっても元気でいられる秘訣ではあるのですが、老犬になってからも飼い主さんがあきらめずに無理のない範囲内で運動を行うことで筋力の低下を防止することが出来るのです。

そして、運動だけではなく、栄養面でも良質なたんぱく質を含むドッグフードを与えることで身体の中から改善していくことが出来ます。

愛犬の寿命を少しでも長く、そして健康に暮らしていくためにぜひ実践してはいかがでしょうか。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです