良く吠える犬の原因・対処法・改善方法について




犬はいつだって可愛い存在です。

ですが、犬だって意思を持った立派な生き物。

犬を飼う上で困ったことはありませんか? 例えば……そう、「良く吠える」とか。いわゆる無駄吠えです!

「そうそう! 私の愛犬、すっごく吠えて困るのよ!」

わかります。私も実家で犬を飼っていましたが、自由な環境がそうさせるのか吠えてばかりいて、近所の人たちにも注意される始末……。

できれば、吠えずに大人しくいて欲しい。そう思うのは飼い主のエゴかも知れませんが、近所の人たちからの苦情を無視するわけにはいきません。犬との理解をもっと深めて、吠えないように誘導するのが得策でしょう。

では、根本的に、どうして犬は吠えるのでしょうか?

疑問に思ったので、調べてみました。

どうやら、犬が吠えるには原因があるようです。意味もなく吠えている犬はいない、とまで明言されているものもあります。

原因がわかれば、もしかすると吠えるのを止めさせることができるかも知れません。

ここでは、犬が吠える原因として最も多いものをあげました。

  • ストレスから吠える
  • 警戒から吠える
  • 恐怖から吠える
  • 要求から吠える
  • 興奮から吠える

大きくまとめて5つの原因がありました。

ストレスから吠える

ストレスから吠える」これは吠えることを対処する以前に、飼い主であるあなたへの問題が大きいです。適切な運動はさせていますか。愛犬が生活するのに最適な環境を提供していますか。生活環境の見直しをしたほうが良いと思います。

お散歩は基本的には毎日させてあげる必要があります。1回の散歩の時間は犬の種類によっても異なりますが、小型犬であれば15分程度でも、十分なストレス発散に繋がるとされています。

もちろん、大型犬になるほど散歩時間は長くなる傾向にあります。

よく言われるのが、散歩の時間帯は日によってランダムにした方が良いということです。毎日決まった時間に散歩を指していると、犬がその時間を覚えてしまい、「時間が来たから早く散歩させて」と要求をするために吠えてしまうそうです。

警戒心から吠える

警戒心から吠える」子犬のときに適切な環境になかった場合、様々なものに対して警戒から吠えてしまうことがあります。

また、犬には縄張りというものがあり、そこに入ってきたものに対し吠えるという本能的な行動があります。警戒心から吠える犬は、番犬としてはとても立派な存在です。

犬の警戒心を解くためには、優しくなでたりすればよいのですが、このボディタッチにもコツがあります。まずは犬の横にしゃがみ、目線を低くします。

そして頭を撫でる時は、まず手を下から差し伸べて上に持っていくと良いのです。他にも犬に警戒をされないテクニックはさまざまありますので、ぜひ専門書籍で調べてみてください。

恐怖心から吠える

恐怖心から吠える」こちらも警戒心から吠えるものと同じで、適切な環境で育てられなかった場合やワンちゃんにとって怖い(虐待などの)経験をしたなどが原因の場合があります。

もし何らかのトラウマがある場合は、恐怖心の克服のために専門家を頼った方が良いケースもあります。心理的ケアを専門とするドックトレーナーの方もいらっしゃいますので、相談してみることをおすすめします。

要求から吠える

要求から吠える」なにかをして欲しい場合に犬が吠えてアピールすることです。これは飼い主であるあなたの対応に問題がある場合が多いです。

例えば、おやつが欲しくて吠えたらあなたがおやつをくれたなどの経験則です。犬はそれをしっかりと覚えていて、要求するためにまた吠えるのです。

興奮して吠える

興奮して吠える」飼い主であるあなたが帰ってきたときなどは、嬉しくて興奮し、吠えます。甲高い声でキャンキャンと吠えるのが特徴で、元々興奮しやすい性格の犬に多いようです。

出迎えられるのは嬉しいものですが、限度がありますので、この場合は普段から興奮させないように注意して下さい。しつけ次第である程度抑えることができます。

パグ

どうしても無駄吠えが直らない時は無駄吠え改善グッズを試してみる

愛犬の生活環境を改善してみてもなかなか無駄吠えが直らない。そんな時は「無駄吠え改善グッズ」をぜひ試してみましょう。案外ピタッと直ってしまったりするかもしれません。

犬を飼うということは、簡単なことではありません。愛犬の健康管理やワクチン注射に狂犬病予防、フィラリア対策などもしっかりしなければなりませんし、毎日の散歩や定期的なシャンプーや爪切りなどもしないといけません。

ペットとはいえ大事な家族の一員という認識を持ってほしいと思います。




無駄吠え防止グッズのしつけくん




無駄吠え防止首輪 人気第1位 11,547個突破

あれだけ吠えてた愛犬が、簡単に泣き止んだ

成功率93%!ストレスから開放される秘密とは


【ワンブル】公式サイトはコチラ

まとめ

散歩中に他の犬や人間に吠えたり、玄関のチャイムの音だけで吠えたりと、犬を飼うことでデメリットにもなってしまいますよね。しつけと聞くとなかなか大変だと思われるかもしれませんが、便利なグッズもさまざま販売されていますので、それらの力を借りて、吠える症状を改善していきましょう。

幼犬の時から訓練をしたり無駄吠え防止用のグッズなどを使用したりといろいろ工夫しながら犬と一緒の暮らしを楽しみましょう。

高齢犬(シニア犬)のドッグフード選びで悩んだら「高齢犬(シニア犬)におすすめのドッグフード4種類を徹底比較」をチェック