犬のウンチの臭いが気になる飼い主さん向けの記事




愛犬のウンチが「臭い」……そう思ったことはありませんか?

それはワンちゃんからあなたに発せられた危険のサインです!

ウンチが臭いワンちゃんは寿命が短いといわれているのを知っていますか?

ワンちゃんのウンチの臭いは、体調のバロメーターなのです。ではワンちゃんと毎日を過ごしていて、こんな症状はありませんか?

  • ウンチがゆるゆる・カチカチ
  • 食ふんしてしまう
  • ダイエットすべきと獣医に言われた経験がある
  • ドッグフードを食べない
  • 口臭・体臭がする
  • 毛並みがパサパサ

思い当たる……と思ったそこのあなた!

ワンちゃんの腸内環境が危ないかも知れません。

上記に当てはまるワンちゃんのウンチは「臭い」が気になるもの。つまり「臭い」ということはワンちゃんの腸内管理がうまくできていないということに直結します。飼い主としては、愛犬にはいつだって健康でいてほしいですし、長生きもしてほしいですよね。

でも、どうすれば腸内環境が整えられるの?

そこで調べましたところ、実は「長生き酵素」と「乳酸菌」が、あなたのワンちゃんの腸内環境に大変重要なのです!

「酵素」と「乳酸菌」。聞いたことはあると思います。なぜなら、私たち人間にとってもそれらは有用な効果を持っているからです。よく、便秘を解消するときにヨーグルトを食べたりしますよね?

ワンちゃんの身体も人間と同じように、腸内環境の正常化に必要な「酵素」と「乳酸菌」を必要としています。しかし、ドライフードなどでは必要な「酵素」と「乳酸菌」は摂れないのです。

そこで、あなたの愛するワンちゃんにおすすめしたいのがこちら!



愛犬の腸内環境サポートサプリメントが登場!

腸内環境サポートサプリメント「ずっと一緒だワン」のすごいところ

なんと、スプーン1さじに400億の乳酸菌が含有されているのです!

これはヨーグルト約4個分に相当します。

乳酸菌は「ウンチの臭いや口臭」「ガン・腫瘍までもが小さくなった」という報告例があるほど、ワンちゃんにとってはなくてはならない存在です。

こちらに含有されている乳酸菌は胃酸の影響を受けない特殊な乳酸菌を配合しているため、消化も分解もされることなく腸まで届き、お腹の調子を整えてくれます。

そしてもうひとつの重要な存在。

長生き酵素「エンザミン」を配合しているのも見逃せない点です。

乳酸菌よりは知っているひとは少ないかも知れませんが長生き酵素「エンザミン」もワンちゃんにとっては大事な効果があります。酵素は熱に弱く、48℃以上加熱されるドッグフードには含まれていません。ですが「ずっと一緒だワン」に配合されているエンザミンは熱にも酸にも強い特許製法の長生き酵素。加熱や胃酸の影響を受けずに腸へ働きかけ、不足している酵素を補ってくれます。

ペット栄養管理士のいちかわあやこ先生が監修しているため、気分のリラックスやデトックスにも嬉しいクランベリーの天然果汁原料を配合し、とっても美味しいチキン味に仕上がっているところもワンちゃんにとっては嬉しいところ。

いつものフードにさっとひと振りするだけの簡単な使用方法です。是非、愛するワンちゃんの健康管理に活躍させて下さい。

おすすめのドッグサプリ「ずっと一緒だワン」は全国一律送料無料で、初回限定500円で手に入れることができます。お試し500円でなんと1ヶ月分のサプリが貰えるので、とってもお得です。

ご興味のある方はぜひずっと一緒だワン(公式通販サイト)をご確認ください。

ドッグフードでもウンチの質が変わる

与えるドッグフードによってはウンチの臭いや硬さも変わってきます。ウンチは健康のバロメーターなので、毎日しっかりとウンチのチェックをするようにしましょう。

健康的で理想のウンチはコロコロした少し小さめのウンチです。水分量が多くやわらかめのウンチは「植物性タンパク質のドッグフード」を与えているとなることが多いです。

ウンチの回数や量も多くなってしまうのが特徴です。そして良いウンチは、「動物性タンパク質のドッグフード」を与えている犬に多いです。回数も少なめで量も少なめなのが特徴です。

犬の便秘を予防するには

毎日良いドッグフードを与えることはもちろんですが、便秘予防には以下の点に気をつけると良いでしょう。

  • 脱水症状
  • ストレス
  • 安いドッグフード

便秘と脱水症状はたいていの場合はセットです。とくに夏場は水分の消耗が激しく、犬はたくさんの水を必要とします。ムリに水を飲ませる必要はないのですが、犬が自分の意思でいつでも清潔な水が飲めるよう、環境を整えておきましょう。

意外に思われるかもしれませんが、ストレスも便秘の主要因となります。狭いケージに一日中入れられていたり、騒音が煩かったりすると、犬はすぐに参ってしまいます。

ストレス解消には散歩が一番で、毎日散歩に連れていく習慣をつけることが大切です。

便秘の直接的な要因としては、質の低いドッグフードが問題となるケースも非常に多いです。安価な製品は得てしてビタミン類が少なかったり、食物繊維が十分に含まれていなかったりします。

犬の腸内環境をしっかりと守ってあげるためにも、ドッグフードは高くても良いものを選びたいものです。

もしもドッグフード選ぶで「どれがいいのだろう」と疑問に感じられた場合は、当サイトの高齢犬(シニア犬)のドッグフード選びで悩んだら「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェックの記事がおすすめです。

日頃の食生活に気を配って、楽しいドッグライフを過ごしていきましょう。