老犬が癌にならないための予防法。癌の種類となりやすい犬種について




人間と同じように犬もがんという病気に犯されることがあります。

人間の癌予防は様々な研究がされていて、予防策を実際に行っている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、同じ「がん」という病気でも、それが「犬」となると予防を全くしていないという飼い主さんが多くいるのも事実でしょう。

10歳以上の犬ががんに犯される確率は6頭に1頭といわれています。
人間は3人に1人が癌になる計算なので、犬の方が癌になりづらいという側面がありますが、実際に癌になった犬は人間と比べて死亡率が非常に高いという統計もあります。

これは、人間のように定期健診をする犬が多くないために、がんを発見した時には症状がかなり進行してしまっているからなのです。

この記事では、そんな「犬のがん」にならないための予防法と癌の種類などについて解説していきます
癌

がんになりやすい犬種

実は犬種によってがんになる確率にかなり違いがあるのをご存知でしょうか?

8歳までの犬ががんになる確率は4.9%なのですが、犬種によってこの数値を大幅に上回ってしまうのです。

1位 ゴールデンレトリバー 9.6%
2位 フレンチブルドッグ 7.8%
3位 ラブラドールレトリバー 7.5%
4位 ミニチュアシュナウザー 6.5%
5位 シーズー 6.4%
6位 パグ 6.3%
7位 コーギー 5.1%
8位 トイプードル 4.6%
9位 ミニチュアダックスフント 4.1%
10位 マルチーズ 3.9%

上記のような数値になっていますが、驚きなのが1位のゴールデンレトリバーの9.6%という数値でしょう。

なんと平均確率のほぼ倍の数値になっており、10頭に1頭が8歳までにがんになる計算になります。

犬がなりやすいがんの種類

がんには大きく分けて2種類あります。

上皮性腫瘍と呼ばれる皮膚や粘膜から発生するがんで、漢字で表記する「癌」はこの上皮性腫瘍のことを指します。

もう一つが非上皮性腫瘍と呼ばれる血液細胞から発生する腫瘍です。

代表的な犬のがんの種類は

・口の中にできる口腔がん。転移性は低いのですが口の中にできてしまう為ドッグフードを食べることができず、早期に衰弱してしまうやっかいながんです。

・身体の表面に現れる皮膚がん。このがんも転移性は低いのですが、急速なスピードで大きく膨らんでしまう厄介ながんです。

・鼻や肺などにできる呼吸器系のがん。がんの初期ではあまり症状が現れないので発見が遅れてしまうことがあります。

・肝臓のがん。おなかの中で急速に大きくなり、最悪の場合破裂してしまうやっかいながん。

・リンパ腫などの消化器系のがん。犬の食欲がなくなってきたリ、体重が著しく減ってきている場合にはこのがんを疑います。

・肛門や膀胱周辺で発生する膀胱のがん。このがんになると血尿や排泄障害が起きることもあります。




犬のがんに予防法はあるの?

残念ながらこれをすれば絶対にがんにならないという最強の予防法はありません。

飼い主さんにできる予防法は、がんになりやすい食事や環境を極力排除して、がんになる確率を低くしていくしかありません

ドッグフードは添加物が少なく、良質なたんぱく質が入っているものを与えたり、健康的な睡眠時間や適度なお散歩などでの運動。そして何より飼い主さんとのスキンシップの時間を多く取り、犬のストレスを溜めさせないことが重要だったりします。

また、去勢や避妊手術を行うことでがんを予防することができる点も忘れてはなりません。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです