犬の尿管結石(ストルバイト結石)の原因?どんな予防方法と治療法がある?




飼っている犬(ミニチュアダックスフント)が尿管結石になりました。

「犬も尿管結石になるんだ」と少し驚きましたが、獣医師さんの説明やネットで調べた内容からするとかなり厄介な病気だということがわかりました。

この記事では犬の尿管結石(ストルバイト結石)の原因やならないための予防法やなってしまった後の治療法などを解説していきます。



尿管結石

尿管結石(ストルバイト結石)とはどんな病気?原因はなに?

ストルバイト結石とは膀胱や尿路に結石ができる下部尿路結石というもので、結石と言われる固形物が膀胱や尿路にできることで大きな痛みを伴い、尿が出にくくなってしまう症状が特徴です。
ちなみに人間がかかる結石のほとんどは上部結石なので、犬の結石とは微妙に違う病気なのです。

結石になってしまう原因としては、カルシウム・マグネシウム・リン・尿酸・ケイ酸などを多く含むお水やドッグフードを長期間摂取することにより、尿結石ができてしまうといわれています。

また、何らかの原因でお水を飲む量が少なくなってしまうと、尿が濃縮され、結石ができやすくなってしまいます。

それ以外にも、細菌感染によって結石になる場合や、遺伝的に尿管結石ができやすい犬もいるようです。

わたくしの飼っている犬もそうだったのですが、ある日突然血尿が出て、ペットシーツが赤く(というより茶色っぽい色でしたが)染まってしまい、痛みからなのか尻尾の脇のお尻部分を自分の口で噛み血だらけになってしまっていたので、慌ててかかりつけの動物病院に連れて行ったという経緯でした。

尿の回数が明らかに多くなってきたり、一回の尿の量が少なかったり、オシッコを変な体勢でしていたら「尿管結石」の可能性が高いので、早急に動物病院を受診した方が賢明でしょう。

特に、おしっこが全く出ていない症状の場合は完全に結石が詰まってしまい、命に関わる重篤な状態に陥ってしまう危険性が高まりますので大至急動物病院を受診するようにしましょう。

この尿管結石という病気は重篤になると手術が必要になったり、長期的な食事療法や抗生剤の投与など治療に多くの時間を必要としてしまう厄介な病気なのです。

犬の尿管結石の具体的な治療法

尿管結石の具体的な治療法としては、尿結石の種類によって変わってきます。

膀胱や尿道が細菌によって感染してしまうストルバイト結石の場合、尿結石の溶解をします。アンモニウムやマグネシウム、リン酸の濃度を下げる食事療法が基本となり、尿を酸性化させることで尿結石を溶解していきます

この治療は、しっかりと尿結石が溶解する2ヶ月~3ヶ月の間、継続して行う必要があります。

また、尿結石の症状により膀胱炎が発症してしまう可能性が高いので、抗生剤による治療も必要になります。

もう一つの尿結石の種類である「シュウ酸カルシウム結石」は、動物性のたんぱく質を多く含むドッグフードを食べていたり、ホルモンが関係していたりするのですが、この「シュウ酸カルシウム結石」の治療法は「ストルバイト結石」の治療法とは違う方法が必要となります。

具体的にはストルバイト結石のように溶解させることが出来ないので「外科手術によって摘出する」という方法を選択することがほとんどです。

犬の尿管結石を予防するために出来ること

特に重要で、尿結石にならないために飼い主さんができることといえば「食事(ドッグフード)の内容と量の管理」です。

まずはドッグフードなどの食事以外のおやつなどを与えすぎないこと。特に動物性たんぱく質を多く含む物には注意が必要です。

そして、お水をしっかりと飲める環境を確保することも飼い主さんが注意すべきポイントです。

飲みずらい場所に置いてあったり、お水がなくなってしまい犬がお水を飲めないという状況にならないように気をつけましょう。

その他にも「栄養のバランスが良いドッグフード」や「細菌や雑菌のない住環境」を愛犬に与えることも重要です。

もしもストルバイト結石になってしまった場合は、市販でも売っているphコントロールのドッグフード(犬用食事療法食)を一定期間与えるのがおすすめです。

わたくしが飼っている愛犬も尿管結石になりましたが、長期的にこの「phコントロール」のドッグフードを与え、数か月後には健康な状態まで回復することができました。

まとめ

今回は発症するととても厄介な「犬の尿管結石」について解説してきました。

愛犬が血尿がしたり、おしっこの回数が増えたり、変な格好でオシッコをしているようなら、早めに動物病院を受診しましょう。

もしも尿管結石になってしまった場合は、結石の種類によって(ストルバイト結石やシュウ酸カルシウム結石)治療法が変わりますので自己判断で行動せずに、獣医師の判断に従い行動しましょう。

また、お水も飲みやすい場所に置き、常に新鮮なお水が飲める環境も作ってあげましょう。