犬の寿命を延ばすための秘訣!老犬になっても健康で長生きさせる為に




「約14歳」「約12歳」「約10歳」
羅列したこの3つの年齢はなにを指しているのかお分かりになりますか?

実はこの年齢は「小型犬」「中型犬」「大型犬」の「平均寿命」の数字なのです。

この20年でペット業界ははとても大きなものとなり、日本では現在約1000万頭の犬が飼われています。

ひとり暮らしや核家族化の日本では、ペットという存在はまさに「家族の一員」になっているわけですが、その寿命はというと上記の通り一番長生きする小型犬ですら約14年ほどしか生きられないのが現実なのです。

犬の平均寿命は体格の大きさで違いがあり、体格が大きくなればなるほど寿命も短くなっていきます。

この「犬の平均寿命」は年々延びている傾向にあり、要因として「動物病院が日本に充実している」「栄養満点のドッグフードが増えてきた」「昔よりも室内で飼うことが多くなったので、ストレスが少なく暮らすことができる」などの理由が考えられます。

この記事では、そんな愛する飼い犬の寿命をいかにして延ばすか。そしてただ寿命を延ばすだけではなく、健康な状態で長生きさせるために飼い主ができる二つの大きなポイントを解説していきます。


寿命




愛犬を健康で長生きさせるために飼い主さんができること

これから「犬の寿命を延ばす為にするべきこと」をどんどん説明していきますので、自身ができそうなことがあったらぜひ試してみてください。

かかりつけの信頼できる動物病院を見つける

意外と動物病院選びを「なんとなく」とか「家から近いから」という理由で選ぶ飼い主さんは多いのですが、大事な愛犬が怪我や病気をした際に頼りになる「腕の良い獣医師さん」を見つけてかかりつけ動物病院にすることはとても重要なポイントです。

医療設備が整っていて、24時間体制で診療してくれる獣医師が多く勤務している動物病院が住んでいる街にあればそこをまずかかりつけ病院にするのも良いでしょう。
しかし、そのような体制が整っている大きな動物病院が住んでいる地域にないという人は、健康診断や予防注射などで診てもらった時に「流れ作業」いわゆる「こなしているだけ」の獣医師さん(動物病院)であるかどうかを基準に判断するのも良いかと思います。

どんな仕事でもそうですが、淡々とこなしているだけの人に「良い仕事」は絶対にできませんので、そのような獣医師さんのいる動物病院は避けるようにしましょう。
試しに愛犬の些細な不安などを獣医師さんに相談してみると「親身になって診てくれる獣医師さんなのか」がわかりますので、言わなくても問題ないぐらいの小さな不安をあえて獣医師さんに聞いてみることと良い判断材料になるでしょう。

ドッグフード選びはしっかりと!安価なドッグフードは危険

ドラッグストアやホームセンターのペットコーナーにはたくさんの種類のドッグフードが陳列されています。

中には10㎏で2000円程度で購入できるドッグフードがあったりして大変驚かされます。

人間の食材を買う時は生産地や原材料にこだわるのに、犬のドッグフードは安価な物を選ぶという飼い主さんも中にはいるのかもしれません。

しかし、安価なのにはそれなりの訳があります。

原材料や製造工程にこだわりがあるドッグフードがそんなに安価に製造できるわけがありません。

一度安価なドッグフードの裏面に書かれている原材料の欄を見てみるとわかりやすいかもしれません。

「ミートミール」や「フィッシュミール」など」「○○ミール」と書かれているドッグフードには注意が必要です。

なぜ「ミートミール」などの原材料には注意が必要なのかは「病気を引き起こす添加物が入っているミートミールの危険性とは」という記事で解説していますのでそちらをぜひ読んでいてください。

簡単に言うと「人間であれば絶対に食べれない肉」「腐る寸前の肉」などのゴミになるような肉などのことを「○○ミール」ということなのです。

もしも愛する飼い犬の寿命を可能な限り延ばしてあげたいのであれば、そのような安価なドッグフードを選ぶのではなく、ネットで販売している高品質なドッグフードを与えることをおすすめします。

高タンパク・低カロリーで食いつきも抜群の「馬肉パラパラミンチ」や「馬肉ドッグフード」。また、無添加でかつ嗜好性の高い「モグワンドッグフード」など犬の健康寿命を延ばすのに役立ってくれるドッグフードも数多く販売しています。

まとめ

このように、かかりつけの安心して診てもらえる動物病院を見つけることや、栄養満点で食いつきも良いドッグフードで身体の内面から愛犬の健康をサポートすることなどは、健康寿命を延ばす為にとても重要になるのでぜひ参考にしていただければと思います。

その他にも、衛生的でくつろげる空間を犬に与えることや、毎日のお散歩でしっかりと運動やストレス解消をさせるなどの日々のケアも重要なのは言うまでもありません。

犬は家族です。

大変なことも多々ありますが、長い様で短い犬の寿命を少しでも延ばしてあげるように努力するのも、良い飼い主の義務なのではないでしょうか。

「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです