老犬を家族で優しく看取る方法!愛犬とのお別れに必要なこと




より人が多い方が穏やかに看取れる

室内で飼っていた愛犬の看取り方としては、できれば家族が集まった中で優しく見守りながら看取ることがベストです。長く飼っていた愛犬を1人で看取るのは精神的にもかなり辛く感じるものです。人が数人いればその辛さも共有できるから、幾分か和らぎます。

1人暮らしで室内で高齢犬を飼っていたのなら友達を呼んでみたり、恋人を呼んで傍にいてもらった方が心の支えになってくれます。また、1人で看取る場合には静か過ぎると悲しみが増しますから、クラッシックやオルゴールを流しながら看取ると心が落着きます。

7歳以上となった犬に注意をする

愛犬の死は人間よりも速くくるものです。いくら長寿の犬でさえ20年は生きれるかどうか分からないという現実がある限り、その時の覚悟は早めにしておかなければなりません。
7歳以上となった高齢犬は、特に病気や怪我に注意をし、気温の変化や食事にも気を使わないと寿命を縮めることにもなります

だからこそ、ドッグフードの見直しや室内環境を考えることが大事になるのです

高齢犬となればいつ足腰も弱くなり、自力で立つことも難しくなることもありますから、排便はオシメを付けてあげる、オシッコシートを近くに置いていつでも用が足せるように環境を整えてあげることも大事です。

犬用のおむつや、トイレ支援グッズも専門ショップでは販売されています。介護の負担を減らすためにも、必要となりそうな道具は一通り買いそろえておくとよいでしょう。

内臓に負担のかけにくいドッグフードを選びたい

病気になってしまった高齢犬は、体力が低下するので同じ場所からジッと動かずに過ごすことが増えてきます。静かな環境を整えてあげて、人も騒がずに落着いて生活をすることを心がけるのも大切です。

食欲はなくても美味しいドッグフードを食べさせてあげれば、動けない高齢犬に少しでも喜びを与えることができます。ただ美味しいばかりではなく、内臓にも負担をかけにくい添加物の含まれていないドッグフードを与えることで犬にストレスなく、穏やかにその日を迎えることができるのです。

不慮の事故で大怪我をしてずっと動けずに最後を迎える室内犬を飼っていると、より辛さも増すでしょう。ましてや若いのに病気になり、痩せ細って亡くなる犬を看取るのは実に悲しい気持ちになるものです。



プレミアムドッグフード『モグワン』

生馬肉で最後まで美味しく餌を与える

せめて、楽しく食べれる美味しいドッグフードを食べさせてあげたいと思うのが親心ですが、どんなものを選べばいいかと悩むところです。そんな時には“生馬肉パラパラミンチ”を選ぶといいでしょう。人間が食べる新鮮で良質な馬刺しの切り落としをミンチにしてありますから、小型犬も食べやすく、消化にもいいので、かなり食欲のない高齢犬も食べてくれるでしょう。

栄養たっぷりの赤身のお肉だから、栄養不足の高齢犬にぴったりなのです。生きた酵素を気軽に食べるだけで腸に届けることができるので、運動不足や内蔵機能の低下した寝たきりの高齢犬も美味しく食べてもらうこともできる生の馬肉です。

ちょっとでも普通のドッグフードや蒸した鶏肉を与えると下痢をしてしまうような犬にでも、微量の細菌を徹底的に洗浄しているから生で与えても安心です。

馬刺しの専門店が作った馬肉パラパラミンチ

犬が寂しい気持ちにならないようにする

犬も人間と同じで老衰で除々に弱って亡くなるのなら、看取る方も幾分か気持ちが楽なものです。でも、いくら老衰でも餌と水だけを与えて後は知らん振りでは、犬もストレスを抱えて可哀想です。

犬が幸せに天国に行けるようにしてあげれるのも、また飼い主次第なのです。飼い主がいないから寂しくてクンクン泣いて1人ぼっちで死んでいくよりも、周りに家族がみんな揃った光景を見て楽しい気持ちで死んでいった方が、犬も安らかな表情で天国へと行けるのです。

飼い主と犬の気持ちを和らげる

最後まで世話をすれば、飼い主にとっても悔いのないペット人生となります。死が近くなったら、できるだけ傍にいる時間を長くしてあげることもポイントです。そして、生前に犬が好きだったおもちゃを傍に置いてあげたり、寒くないように毛布を掛けてあげたりすれば、犬もより嬉しい気持ちになります。

体を撫でてあげたり、楽しかった思い出話を穏やかにしてあげれば、より犬が穏やかな気持ちで最後を迎える準備ができるでしょう。最後となったら綺麗な花で周りを飾ってあげたりするのも、飼い主にとっても辛い気持ちを和らげることができるのです。

安楽死で苦しまずに天国へ送りたい

ガンなどの酷く苦しむ大病となってしまった時には、苦しむ期間を短くして天国へと行かせてあげるのもまた大切です。愛犬が早くにいなくなるのが寂しいからと安楽死を避ける飼い主もいますが、体力の弱っている高齢犬にとっては痛みが苦しく、生きることが辛い現実もあるのです。

家で吐血をして悶え苦しみながら最後を迎えるよりも、病院のベッドの上で穏やかに安楽死で天国へと送ってあげる選択肢も考えたいものです。

決して後悔をしないためにも、安楽死を選択する際には早まらずに、ご家族や獣医さんとよく相談の上、決断をしましょう。

まとめ

健康に愛犬の寿命を延ばしてあげたいと思うのならば、犬が若いうちからしっかりと環境管理と与える餌の量やカロリー計算を徹底することも大事です。そして、その犬に適した1日の運動量もチェックし、身体に負担を掛けない程度に行える運動を取り入れましょう。
健康な生活こそが犬を長寿にするポイントなのです。



「老犬の健康寿命を延ばすポイント!」

老犬になると味覚が変わったり食欲自体が減少することが多く見受けられます。
老犬が健康で長生きするためには食いつきも良く高品質なドッグフードを与えることが重要です。
ダントツでおすすめしているのは「馬肉パラパラミンチ」というドッグフードです。
食いつきは最高レベル!体重が減ってきていたり体調不良だったりと健康管理の難しい老犬にこそ食べていただきたいドッグフードが「馬肉パラパラミンチ」なのです!
気になる方はぜひ参考記事を参照してみてください。

参考記事「馬肉パラパラミンチを実際に老犬に食べさせてみた!おすすめです

当サイトおすすめ記事「徹底考察! モグワンドッグフードは他のドッグフードと何が違うのか?」もチェック!

当サイトおすすめ記事
「おすすめのドッグフード5種類を徹底比較」をチェック